【#ガーリックパラダイス2016】に行ってきた!

写真拡大 (全14枚)

9月25日(日)、新宿・歌舞伎町の大久保公園で開催されている、日本最大級のガーリックグルメの祭典「にんにく史上最香の楽園 ガーリックパラダイス2016」に行ってきた!

美人店員さんもお出迎え!

今年で2年目を迎えるガーリックパラダイスは、世界各国のガーリックグルメが集結する日本最大級のガーリックグルメの祭典で、ガーリック好きには堪らない、まさに「楽園」と言えるグルメイベントなのだ!

さすが日曜のお昼とあって、食券売場には長蛇の列!
まず1品目は、スペイン料理「イベリコバル門仲」の『海老アヒージョ』(800円)。にんにくがたっぷり入っているし、海老もプリプリで美味!

続いて2品目は、中国料理「一味玲玲」の『にんにく餃子5個+トマト餃子5個』(ライス付き/1200円)。
銘柄豚の「富士高原美豚」を使った贅沢な自家製あんと、もちもちのこれまた自家製の皮で作られたにんにく餃子は絶品!トマト餃子もジューシーで旨味がたっぷり凝縮されている!

そして3品目は、ラーメン屋「千里眼」の『自家製チャーシューガーリック揚』(Sサイズ:800円/Mサイズ:1000円)。
こちらのお店は「ガーリックパラダイス」で一番の人気店で、お店の前には長蛇の列!にんにくと揚げられた自家製チャーシューは絶品!にんにくのピクルスも良いアクセントになっていた。

最後4品目は、焼肉店「浅草弥太郎 スタミナ屋」の『伊賀牛焼肉』(にんにく飯付き/1200円)。
にんにくをたっぷり使った伊賀牛の焼肉と、絶品のにんにく飯をかきこむ!すると、まさに口の中はガーリックパラダイス!にんにく好きにはたまらない楽園となった!

この他にも、にんにく料理専門店「はじめの一っぽ」の『岩手県産銘柄豚「岩中豚」肩ロースのグリル』(1200円)や、ハワイ料理「Tsunami Ebisu Tokyo」の『ガーリックシュリンプ』(Sサイズ:800円/Lサイズ:1000円)、韓国料理「ホルモン焼 幸永」の『特製ガーリックソース 和牛カルビ丼』(1000円)など、まだまだ食べたいメニューは山ほどあったが、筆者の胃袋が限界に達し、泣く泣く断念・・・。

さて、明日から「ガーリックパラダイス」は、2nd Round(10月2日まで)に突入!
出店するお店もすべて入れ替わるが、ニッチー!編集部のオススメは、美人店主・毛利由紀乃さんのお店「自家製麺ほうきぼし」が提供する『汁なし担々麺 ガーリックスペシャル』(800円)!

画像:「自家製麺 ほうきぼし 子供店長のブログ」より。

特製の担々肉みそあんと和えダレが絶品の汁なし担々麺に、にんにくがたっぷり入ったスペシャル版とのこと。
みなさん、ぜひ「ガーリックパラダイス」で味わってみてください!!

(written by けいぼう)