26日、米軍に軍用ブーツを納品していた米メーカーが、中国製ブーツを米国製に偽装した問題で、このメーカーが起訴されたことが話題となっている。資料写真。

写真拡大

2016年9月26日、米軍に軍用ブーツを納品していた米メーカーが、中国製ブーツを米国製に偽装した問題で、このメーカーが起訴されたことが話題となっている。環球時報が伝えた。

このメーカーはベトナム戦争時に軍用ブーツを提供していた歴史あるメーカーで、米国の業界内では知られた存在だ。

米紙USAトゥデイによると、このメーカーは中国企業にブーツを作らせた後、中国製と書かれたタグを取り外しができるように細工するよう指示し、米国の工場に運送し米国製のタグに差し替えていた。偽装した軍用ブーツは8100万ドル(約81億円)に上る。裁判所の審議は11月に行われる予定。

同様の問題は2014年にも起きており、当時コストが安いことから米国では中国製の国旗を使用していたが、その後米国製の使用に限るとの法案が可決された。

米メディアによると、米軍では中国製のものは珍しくなく、日用品から電子部品まで幅広く存在する。これに関して米誌・ビジネスウィーク中国語サイトは、「軍隊は国を代表する存在でデリケートな分野のため、中国製を拒否するのは当然のこと」と報じており、米国では同様の見方を示す政治家が多い。(翻訳・編集/内山)