写真提供:マイナビニュース

写真拡大

住信SBIネット銀行は、日本テラデータと共同で、ディープラーニング手法を活用した深層学習型デジタルマーケティングの共同実証実験に着手した発表した。

実証実験では、住信SBIネット銀行が持つデータと、TeradataのビッグデータプラットフォームであるTeradata Aster Analyticsを用い、顧客の取引動向や外部Web行動をディープラーニング等のAI(人工知能)を活用して解析し、顧客のニーズやタイミングをより正確に把握することで、マーケティング業務における顧客ターゲティングの高度化を目指す。

また、広告のアトリビューション(寄与度)分析結果を組み合わせることによって、広告活動におけるメニュー選定、ボリューム調整、予算配分といった一連のプロセスを独自アルゴリズムを用いて最適化を図り、マーケティングROIの最大化を狙うという。