日本バレーボール機構(Vリーグ機構)は20日、嶋岡健治会長の再任とともに、2018-19シーズンから開幕する新リーグ創設の構想を発表した。新リーグ「スーパーリーグ」は、11月末までに6チーム以上の参加があれば、開幕に向けて準備を進める。現行のプレミアリーグ、チャレンジリーグとは併存する。

 スーパーリーグの参加チームは独立した運営母体を持つことが資格となる。選手の契約形態は当面は自由。ただし、監督はプロ契約であることが求められ、各チームは下部のユースチームを持つことも条件となる。外国人枠は従来の1に加えて、アジア連盟に属する枠を1増やす。

 嶋岡会長は「企業が主体となる部活のようなあり方から脱却する。地元に根ざしたチームの方が、選手のやりがいがある」と語った。チーム名には企業名を入れてもよいが、地域名は必ず入れなければならない。試合はホーム&アウェーを基本とし、その収益はホームチームに入る。チームの数が多くなれば東西カンファレンス制をとって遠征費を抑える。

 今、なぜ新リーグ構想なのか。「テレビ放送拡大の限界、体育館確保の競合激化と大会開催の困難化、歯止めのかからない競技者数の減少などにより、Vリーグは危機的状況にある。バレーボールの魅力を再構築し、現在の閉塞状態をブレークスルーするには今が最後の機会だ」とVリーグ関係者は語る。

「体育館の確保などから、来年の秋から始めるということは不可能。そして、東京五輪の前年は、五輪のためにリーグがイレギュラーな形になることが予想される。でも東京五輪以降では遅すぎる。だから今、そして18年秋からしかないのです」。

 新リーグはバレーボールを事業主体とする独立した運営母体が必須となるが、企業名を入れることも、選手が社員のままでいることも可能だ。「摩擦を避けるため、できるだけフレキシブルな対応にした」。

 なぜ独立した運営母体にこだわるのか。これはこの秋から開幕したバスケットボールのBリーグが、ホームゲームの8割を地元開催することを条件付けているため、体育館の確保の面で考慮したという。Bリーグのチームが自前のホームアリーナを持つなら別だが、基本的には各自治体などの体育館を借りることになる。秋から春と、Vリーグと興行シーズンが重なり、観客も体育館も競合することになる。自治体が体育館を貸すときに、一企業に貸すか、地域スポーツクラブに貸すか、どちらを優先するかを考えた。

 アジア枠を増やしたのは試合の質を上げることに加えて、マーケティングの意味合いもある。アジアの選手を入れれば、日本以外の国でも試合を視聴してもらえるだろう。スポンサーにもアピールができる。

 昨季、プロ契約のクリスチアンソン・アンディッシュ監督のもとで初優勝を成し遂げた豊田合成の高松卓矢選手は、「変化を求めるのは良いことだと思う。良くないのは何も変わらないこと。 ただ、いたずらに変化を求めるだけじゃなく、そこにしっかりとしたコンセプトがあれば、必ず良い方向に向かうはず」とツイート。ファンから多くの「いいね」がつけられた。

 海外移籍経験のある元プロ契約選手で、現在ビーチバレー代表の島田桃大選手は熱を込めて、こう語る。

「(この改革は)遅いくらいですよ! イタリアやブラジルはプロチームしかない。当然、結果の出ないチーム、または結果が出ても、スポンサーが降りて潰れるチームもこれまでたくさんあった。選手はみなプロ契約で、契約期間が満了すると残留する選手もいれば、移籍する選手、移籍先が見つからない選手が出てくる。とても残酷でシビアな世界です。だからこそ競争が激しく、強い。

 海外の選手たちはいろいろなチームに移籍をして、たくさんの選手やバレー関係者と交流を深め、さまざまなトレーニングの仕方、技術、チームの経営状態など多くの情報を手に入れることができます。チーム運営のスタッフやチームの顔となっている選手は、スポンサーを集めるのにどんどん露出をしていくのが普通です。予算がなければ、チームは活動していくお金がなくなり、選手も獲得できず、潰れてしまいますから。

 ブラジルの2部リーグの下位チームには月3万円の給与で必死に練習し、ビッグプレーヤーになるのを夢見ている選手が山のようにいます。一方でほんの一握りですが、ブラジル1部や世界のビッグクラブでは億を稼いでいる選手もいる。

 この新リーグ構想がいい方向に進むことを心から願っています」

 しかし、賛同する声ばかりではない。Vリーグのある選手は、「プロ化を強制されるようになったら、その前に引退して社業をやります。プロ野球やJリーグでも引退後どうするかは結構問題になっていますよね。今でも一部の強豪校で有望な選手がVリーグ選手になる進路を選ばないで一般就職をすることがありますが、この新リーグが始まったら、そういう選手がもっと増えると思う」と危惧を述べた。

 別のチーム関係者も「あまりに急すぎる。また、チーム側のメリットが見えない」と懸念をあらわにした。これに対して推進側のVリーグ関係者は「これまで数多くの改革について議論する時間を作ったにもかかわらず、結局『見送り』になることばかりだった。今回はその轍は踏まない。東京五輪を4年後に控え、Bリーグが開幕した。今しかチャンスはない」と繰り返す。

 この新リーグ構想は、当初「プロジェクトM」として出発した。Mは故・松平康隆名誉会長のイニシャルだ。ミュンヘン五輪で男子唯一のボールゲームでの金メダルを獲得した松平は、監督でありながらプロモーターの役割も果たしてバレーボールを人気競技へと押し上げたが、彼がなしえなかった夢が国内リーグのプロ化であった。

 Jリーグ発足翌年の1994年、松平はモントリオール五輪女子バレーで金メダル監督となった山田重雄とともにプロ化構想をぶち上げたが、企業の賛同が得られず、結局2年後にプロ化の凍結を発表。現在のVリーグには女子の岡山シーガルズや男子の堺ブレイザーズといったプロチームと、実業団チームが混在している。選手の契約形態も男子はほとんどが社員で、プロ契約選手は少数だ。

 かつて東レアローズに7年間在籍した助っ人外国人のデヤン・ボヨビッチは、「全日本の強化のためにベストなのはプロ化だが、今の日本のシステムは、選手のセカンドキャリアなどを考えた場合、素晴らしいものだと思う。プロリーグのよいところと現在のシステムをうまくミックスできたら」と提言していた。今回の改革がどのように実を結ぶか、今後も動向を注視していきたい。

中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari