米国がロシアを痛烈に非難 シリア・アレッポへの空爆は「野蛮行為」

ざっくり言うと

  • 米国が、ロシアによるシリア北部アレッポへの空爆を「野蛮行為」と非難した
  • 国連安全保障理事会の緊急会合で、米国の国連大使がロシアの国連大使に指摘
  • ロシア大使はシリア和平を「今ではほぼ不可能な目標となった」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング