ダイエットランチは「コンビニごはん」が最強!? 組み合わせ最適パターン

写真拡大

毎日のランチタイム、あなたはどうしていますか?  近くのお店で食べ歩きを楽しんだり、社食でがっつり……なんていうのも楽しいですが、ダイエット中はそうもいきませんよね。

かといって、お弁当を毎日作るのも、ちょっとおっくう。そんな時、役に立つのが“コンビニ”ではないでしょうか?

でもコンビニ食だとカロリーも高いし、栄養が偏らないかしら……なんて心配しているアナタ! そんなことはないんです。

そこで今回は、ダイエットにおススメの“コンビニごはん”について、お伝えします。

■ コンビニごはんのいいところ

コンビニのメリットは、なんといっても種類が豊富なところ。その日の気分で選ぶことができるので、飽きが来ないですよね。

ダイエットに欠かせない、“カロリー”の表示がされているのも魅力。一目見ただけで数値が分かりますよね。

サラダ、お弁当は彩りが鮮やか。栄養バランスも整っていますよ。

また、おにぎりやサンドイッチ、サラダはもちろん、ゆでたまご、豆腐、チーズなど、単品のおかずもあるので、栄養バランスを調整しやすいのもメリットのひとつです。

■ やっぱりご飯! おにぎり派の人は……

コンビニの代表商品ともいえるのが、おにぎり。梅や昆布など、オーソドックスなモノから、おこわ、チャーハン、いくらなど、家ではなかなか味わえない変わり種まで、イロイロな具がありますよね。

おにぎりを食べたいときは、1品は変わり種など何でも好きなもので構いませんが、もう1品は梅干し、鮭など、シンプルでカロリー低めの具にしましょう。

おにぎりだけでなく、サラダやお惣菜1品とカップのお味噌汁もプラスして。満腹度も上がります。また、味噌に含まれる大豆はイソフラボンが豊富なので、気になるお肌にもイイ効果が期待できますよ。

■ パンを食べたい人には……

ランチはパンが食べたい! という人には、甘〜い菓子パンより、サンドイッチがおススメ。野菜たっぷりの具だくさんサンドを選べば、不足しがちな栄養を補給できます。

ほうれん草の胡麻和えや、ごぼうサラダを加えるのもいいですが、ミネストローネやわかめスープなどを一緒に食べることもおススメです。

ちょっと物足りないな……という時は、チーズやヨーグルト、野菜ジュースを加えてみて。さらにバランスの良いランチになりますよ。

■ なんといっても、お弁当が食べたい人は……

ランチはどうしてもお弁当がいい! という人は、お弁当の選び方を考えましょう。『CLUB Panasonic』によると、

<•表示されているものでカロリーをチェックして、一日のトータルのカロリーに当てはまるかどうかプランを練る
•野菜や食品の数が多いメニューを選ぶ
•野菜は残さず食べ、揚げ物などのおかずは控えめにしたり、残す
•ご飯は茶碗1杯分が目安>

ことが重要とのこと。お弁当のご飯は、レンジで温めた時にもっちりおいしく感じるように、もち米が含まれていることもあるので、カロリーに注意しましょう。

■ パスタやうどん、お蕎麦などの麺類のときは……

冷たいままでも食べることのできるうどんやお蕎麦をはじめ、温かいモノ、冷たいモノ、本格的な味わいが楽しめるパスタ。

これらを選ぶ時も、サラダやお惣菜など、プラス1品がおススメです。もずくや冷奴、味付けタマゴなどの単品でも大丈夫。なるべく栄養が偏らないことを意識しましょう。

■ おやつが食べたいときは……

ランチのあとや、3時のおやつタイムにおやつをつまみたいなという人。袋に入ったスナック菓子もいいですが、ダイエット中なら断然、和菓子がおススメ! おまんじゅうや大福は、ケーキよりずっと低カロリー。

また、ヨーグルトやゼリーもカロリーが低め。罪悪感を感じることなく楽しめちゃいます。

以上、ダイエット中のコンビニごはんについてお伝えしましたが、いかがでしょうか?

お腹が空いていると、あれもこれも……と手にしてしまいがちですが、ダイエット中は、バランスを考えたランチを意識してみてくださいね。

毎日のランチタイム、美味しくヘルシーに楽しんで、ダイエットの効果を高めましょう!