写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTグループ(日本電信電話およびその子会社・関連会社)は、大宮アルディージャ(NTTスポーツコミュニティ)のホームスタジアムであるNACK5スタジアム大宮のスマートスタジアム化を進めており、その第二弾となるサービスを、9月25日の明治安田生命J1リーグ2ndステージ第13節(大宮アルディージャ対サガン鳥栖戦)より順次トライアル提供を開始すると発表した。

第二弾は、スマートスタジアムコンセプト「つながる、ひろがる、楽しめる」の中でも、特に、スタジアムを訪れる観客が、さまざまな新しい視聴体験を通じ、より試合を立体的に“楽しめる”コンテンツとサービスの充実を図る。

1つ目は、観客のスマートフォンで、目の前の試合に連動した新たな映像番組として次の3チャンネルを提供。Ch.1では、試合中継映像、Ch.2では、応援番組スタジアム内限定のオリジナル応援番組(試合のダイジェストやリプレイ、ハイライトシーンの振返り、各種映像やトラッキングデータの提供等)。Ch.3では、選手追っかけ映像〔国内サッカーでは日本初〕特定の選手を常時フォーカスした映像。また、フィールドが見えない入場ゲート前やコンコース等に新たに設置したデジタルサイネージでも、上記の映像番組の一部を楽しめる。サイネージ上では、クラブやスタジアムからのファンへの告知や地域の応援店情報等も提供する。

NACK5スタジアム大宮では、第一弾として「ARDIJA FREE Wi-Fi」を提供し、インターネットへの快適な接続やポータル画面を通じた特別なコンテンツを提供済。今回、新たな視聴体験として、「ARDIJA FREE Wi-Fi」を用いて大勢の観客に高精細な映像番組を低遅延で一斉同報配信できるWi-Fiマルチキャストシステムを日本で初めてスタジアムに本格導入。これにより観客のスマートフォンで目の前の試合に連動した映像番組の視聴や見逃し視聴を楽しむことができる。

さらに、既に提供しているアルディージャの公式サイトに加え、今回新たに公式のスマートフォンアプリを提供開始。このアプリを各自のスマートフォンにインストールすると、NACK5スタジアム大宮において新たな映像番組を見るだけでなく、アプリ上で、スタジアム近隣店舗のクーポン情報等も取得することが可能。今後は、選手や試合のトピックス等をタイムリーに届けるなど、アルディージャ情報の充実も図っていく。

(Aries)