ポルトガル人男性、43年間車椅子生活も誤診が判明 歩行に「奇跡」

ざっくり言うと

  • 43年間車椅子の生活を送っていたポルトガル人男性が後になって誤診が判明
  • 50代でようやく歩行訓練を始められるようになったと、25日に新聞が伝えた
  • 近所のカフェに歩いて行けるようになり、カフェ店長は「奇跡」と思ったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング