中国では一部で日系車の排斥を呼びかける人が存在する。こうした排斥の声は反日感情といった民族主義、ナショナリズムが主な理由であり、中国では日系車を購入することは「恥」であるとする風潮もあるという。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では一部で日系車の排斥を呼びかける人が存在する。こうした排斥の声は反日感情といった民族主義、ナショナリズムが主な理由であり、中国では日系車を購入することは「恥」であるとする風潮もあるという。

 だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、中国国内では愛国主義から日系車の排斥を叫ぶ人がいるものの、先進的で高品質な日系車を好む消費者もおり、「日系車はずっと論争の的」だと指摘する一方、アジアには「日系車が論争の的となる国が中国以外にも存在する」と伝えている。

 記事は、「日系車を購入することを恥」と見なす中国以外の国は韓国だと主張し、韓国の街中では実際に現代自動車や起亜自動車など韓国車ばかりが走っていると主張。韓国の新車販売台数ランキングでも、ランクインしているのは韓国車であり、たまにドイツ車が顔を見せる程度だと指摘した。

 一方で、韓国では日系車を選ぶ消費者が少ないのは「民族主義」が理由ではなく、消費者にとって信頼に足る自動車メーカーが国内に存在するためであると指摘。一方、中国においても中国車が中国人消費者にとって信頼できる水準まで成長すれば、日系車の排斥などする必要がなくなると指摘する一方で、それにはまだまだ長い道のりがあることを指摘している。

 中国では確かに日系車の排斥を叫ぶ声が存在するのは事実であり、中国のネット上では日系車を購入する中国人は売国奴であるなどと激しく批判する声は存在する。だが、2015年から日系車の販売が好調を維持しているのも事実であり、中国の消費者の多くは理性的かつ客観的に自動車選びを行っているのも事実だ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)