[ちちんぷいぷい‐毎日放送]2016年9月13日放送の「ヤマヒロの☆印」のコーナーで、関西人が良く使う言葉「行けたら行くわ〜」について紹介されていました。

関西人は行かない、関西人以外は行く。全く逆の意味

朝日新聞が大阪と東京で、この言葉の意味を調査。大阪では「行きたくない時に使う」との意見が多数に対し、東京では「なんとか都合を付けて行くようにする」という前向きな意見が多数との結果が出ました。

画像はイメージです(Studio Incendoさん撮影、Flickrより)

また、番組が行った街頭インタビューでも面白い結果に。

「8割行かない。行かないと言ったら愛想が悪いやん」(30代女性・関西人)
「コンサートに誘われるたび、行けたら行くわと言うけど、1回も行ったことがない」(20代女性・関西人)
「絶対に行かない。その場しのぎの言葉」(20代男性・関西人)
「行く前提で言う。行けない時はハッキリ言う。うやむやにするのは止めてほしい」(30代女性・九州人)
「関西の友人に、今度誘うから〜と言われるのに、誘われたことがない」(60代女性・九州人)
「関東人は大体行きますよ。来なかったら腹が立つ」(20代女性・関東人)

このように、関西人と関西人以外では意味合いが全く違いました。「行けたら行くわ〜」と言う場合は、誤解を生まないよう注意が必要ですね。(ライター:青空繭子)