【書評】『誰もいないホテルで』ペーター・シュタム著 松永美穂訳/新潮社/1700円+税

【評者】川本三郎(評論家)

 いい短編は詩だ。日常のなかに不意に遠い世界が現われる。平凡な現実が一瞬、聖化される。珍しいスイスの作家(一九六三年生)の十編から成る短編集。殺人も不倫も超常現象もない。われらの隣人たる普通の人々の暮しが描かれてゆき、そこにいつしか美しい孤独の瞬間が訪れる。

 多くはスイスの小さな町を舞台にしている。現代社会の騒々しさから少しはずれている。静けさがこの短編集の第一の魅力。

「誰もいないホテルで」はゴーリキーの文学研究者が論文を仕上げるために人里離れた湯治場のホテルにやってくる。女性が一人で応対する。客は他に誰もいない。サービスは悪く、食事は缶詰。電気はつかない。不思議な時間が流れる。どうもこのホテルはすでに廃業しているらしい。とすると、応対した女性は何者なのか。この短編には結論、解決はない。謎は謎のままで残る。その不可思議のなかに生の貴重な一瞬がある。

「氷の月」も素晴しい。湖畔にあった工場が廃業し、建物が芸術家たちのアトリエに貸出される。そこの管理人の小さな夢が語られる。彼はリタイアしたあとカナダに移住し、そこでログハウスの宿を作ろうとしている。自分で設計図も描いている。

 しかし、彼の妻は重い病いを患っていたことがあとでわかる。そんな状況で彼はなぜカナダ移住の夢を語ったのか。ここでも結論は明らかにされない。ただ初老の男の切ない夢だけが一瞬輝く。

「スーツケース」も初老の男の冷え冷えとした孤独が心に沁み込む。妻が入院する。脳に動脈瘤が出来た。もう助からないかもしれない。男はスーツケースに、妻が入院中に必要なものを入れる。それを持って町を彷徨する。

 社会の隈にいる男たちの悲しみが胸を衝く。彼らの悲しみを慰めるのは悲しみしかない。繊細で、簡潔な訳文はほとんど訳文と感じさせない。ベルンハルト・シュリンク『朗読者』の翻訳者ならではの名訳。

※週刊ポスト2016年10月7日号