お墓の在り方も時代とともに移り変わる? (※写真はイメージ)

写真拡大

 不動産開発が盛んだったバブル時代から、ビジネス的な分野に積極的に乗り出す寺院が出てきた仏教界。消費者のニーズをすくいとる新たな「ビジネス」が次々と出現している。

 数ある永代供養の形の中で、急速に進化しているのがビル型納骨堂だ。

 新宿駅南口から徒歩3分。大通りから道一本隔てた路地に入ると、その建物は見えてくる。思い浮かべていた寺院とは似ても似つかぬ、白く独創的なビルこそが「新宿瑠璃光院白蓮華堂」。モダンな美術館と勘違いしそうだ。

 都心の一等地に立つ同院は浄土真宗・無量寿山光明寺が運営・管理する寺院・納骨堂で、蓮の花をイメージしたというこのビルは2014年9月に完成した。

 エントランスに入ると、新宿の騒がしさが嘘のように静まりかえっている。グレーと白を基調としたホールはホテルのロビーのよう。壁一面の窓の外には滝が流れている。しかし、お寺らしくない。住職執務室業務推進役の木下尚子氏が理由を教えてくれた。

「宗教・宗旨・宗派にとらわれずにお見えいただいていますので、仏教色を廃しています。納骨堂を買われた方には、キリスト教やヒンドゥー教、神道の方もいらっしゃいます」

 浄土真宗では使わない木魚、賛美歌を弾くピアノなども置いてあった。

 納骨堂には主にロッカー式と自動搬送式の二つのタイプがあるが、同院は後者。全3500室の納骨スペースがあり、購入した参拝者にはICカードが発行される。受付パネルにそのカードをかざすと、遺骨が納められた厨子(ずし)が地下の参拝室に自動で搬送される、立体駐車場のようなシステムだ。販売価格は100万円から。年間管理費は1万2千〜5万円だ。女性専用区画には50万円からのプランもある。」

 さらに今年5月には、生前契約の場合に管理費が不要というプランも募集を開始。こちらは基本的に20年間、納骨堂で供養することを想定しており、その後は同院が営む京都府のメモリアル公園に自然葬で葬られるという。

 参拝室に入り、台座にカードを差し込むと、自動扉が開き、黒い祭壇がお目見えする。すでに厨子は祭壇にセットされ、祭壇脇には毎週入れ替える供花と、故人の写真が映し出されるデジタルフォトフレーム。建物の中は火が使えないから、焼香台の香炉代わりに鉄製プレート。焼香してみると、煙があがった。お参りが終わると、厨子は機械音とともに元あった場所へ戻っていった。

 ビル型納骨堂の需要が高まっている理由について木下氏はこう言う。

「葬式や墓への考え方が変わり、寺との付き合いが難しい時代になりました」

 都心では故郷に帰って僧侶を呼んで親族が集まり法要を営む、という文化が薄れつつあり、近くでお参りしたい人が増えてきた。

「お見えになる方の90%が『子に迷惑をかけたくない』『買い物ついでにお参りに来てくれたら』とおっしゃるんです」(木下氏)

“遠くの墓”への抵抗感は、送る人にも“逝き方”を考える人にも共通しているようだ。将来の墓事情に不安が募り、30代の夫婦が購入した例があった。

「『こんなにいい立地はほかにはない。マンション購入と一緒』といらっしゃった。共働きで子供はなく、買うなら今だということでした」(木下氏)

 納骨堂の購入者の中には、先祖代々のお墓の維持が難しくなり、墓じまいする人もいて、改葬はこれまでに130件あったという。

 一方で、改葬にも注意したい点がある。改葬を代行する業者は言う。

「『檀家(だんか)を自分の代でやめたい』と改葬を望むんですが、寺からとてつもない額の離檀料を請求されることがあるんです。交渉時に土下座をしたこともあります。墓石の撤去料などもあって、改装費用はどんどん膨らんでしまうんです」

週刊朝日 2016年9月30日号