唐揚げの味付けに地域差アリ しょうゆ味派・塩味派の都道府県は

写真拡大

唐揚げ

みんな大好き鶏の唐揚げは、お弁当のおかずから居酒屋のおつまみ、さらにはコンビニフードとしてまで、あらゆるところで定番のグルメです。そして味付けといえば、しょうゆや塩がおなじみですよね。

今回at home VOXでは、そんな唐揚げの味付けについてアンケートを実施! 唐揚げの味付けに地域差はあるのかを調べてみました!

写真や表がより大きく表示された記事をご覧いただけます

まずは味付けの好みを調査。今回は、しょうゆ味と塩味の二種類について質問です。

Q.鶏の唐揚げの味付けは、どちらが好みですか?
【A】しょうゆ味 【B】塩味

味付け

【A】しょうゆ味の合計回答率は50.9%、【B】塩味の合計回答率は23.4%。全体の半数以上がしょうゆ味を好んでいます。それではこの結果を、都道府県別に見てみましょう。

■「A」「どちらかといえばA」と答えた人が多かった地域ランキング
A

■「B」「どちらかといえばB」と答えた人が多かった地域ランキング
B

半分以上の人が好むしょうゆ味は、特に東日本で支持を集めているようです。なかでもトップの福島と群馬では、7割以上にのぼるほど!

一方、塩味の唐揚げは熊本で人気。唐揚げの聖地として有名な大分も塩味好き地域としてランクイン。以前at home VOXで紹介した「中津からあげ総本家もり山」も、塩味でしたね。主に九州・沖縄地方で票を伸ばしています。

アンケートによって、唐揚げの味付けにおいて地域傾向があることが分かりました。しかし、ホントのところはどうなのでしょうか? 日本唐揚協会会長・やすひさてっぺいさんに、このアンケート結果をぶつけたところ……。

やすひささん「東はしょうゆ、西は塩という傾向は実際にあります。事実、東日本ではなかなか塩味の唐揚げはありませんね」

アンケート結果とやすひささんの見解はぴたりと一致! ちなみに唐揚げの味付けについて、他に地域差はあるのでしょうか?

やすひささん「味付けで言えば、寒い地域では味が濃くなる傾向があります。新潟にはカレー粉で味を付けたものもありますね。味付けの他には各地で唐揚げの呼び名に違いがあったりします。例えば北海道の「ザンギ」、四国の「せんざんき」、長野の「山賊焼き」、新潟の「半羽揚げ」などがありますが、これらはすべて「唐揚げ」なんですよ」

北海道発祥のザンギは、さまざまな調味料を使って濃厚な味付けをした唐揚げ。愛媛の郷土料理でもあるせんざんきは、江戸時代にはキジを使って調理されていたとか。山賊焼きは「焼」き料理ではなく鳥もも肉を揚げたもので、半羽揚げは下味を付けずに薄いころもを付け、骨つきのまま揚げたもの。

どれも美味しそうな唐揚げです! 全国のご当地唐揚げを食べ比べるのも面白そうですね。

イラスト:タテノカズヒロ

<アンケート調査概要>
対象/対象/全国20〜59歳の男女1,457名(47都道府県各31名ずつ)
調査方法/インターネットリサーチ
調査時期/2016年5月
※アンケート内容の転載にあたりましては、「at home VOX 調べ」もしくは「アットホームボックス調べ」という表記をお使いください。