誰からも愛される女性と裏で嫌われている女性の違い5つ(photo by ArtFotoDima/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】周りから一切悪口を聞いたことがない、誰からも愛される人っていますよね。一方で、表面上は良い付き合いをしていても裏で嫌われている人もいます。一体彼女たちにはどんな差があるのでしょうか?そこで今回は、誰からも愛される女性と裏で嫌われている女性の違いをピックアップしてみました。早速見ていきましょう。

【他の記事を見る】男性が本命の女性には絶対にやらないこと5つ

♥ありのままの自分を見せている


人からよく見られたい、尊敬されたい気持ちは誰でも持っていますよね。

しかし、気持ちが強すぎると裏目に出てしまうことも…。

自分をよく見せようと嘘をついたり、見栄を張ったりしていませんか?

嘘をついてまで自分をよく見せても、いずれついた嘘がバレる日はやってきます。

裏で嫌われている女性はそんな自分をよく見せようと嘘をつきがちですが、逆に誰からも愛される女性は嘘をつきません。

ありのままの自分を周囲に見せているのです。

素直な気持ちで人と接していけば、相手も心を開きより良い関係が築けるでしょう。

♥正しい言葉遣いを使っている


「きもい」「うざい」「超うける」など、正しい日本語を使っていない人の周りには人がなかなか集まってきません。

いわゆる、“若者言葉”を使っている人は年配の人から避けられる傾向があります。

また、正しい日本語を使っていないと「頭の悪い人」とみなされることもあるので注意してください。

一方で、誰からも愛される女性は正しい言葉遣いをしているものです。

キレイな言葉遣いを心がければ、自然と周りに人が集まってきますよ。

好感が持てるので第1印象もばっちりです。

たとえ、年齢が上でも先輩だとしても、初対面では敬語を心がけると好印象になりますよ。

♥礼儀や基本的なマナーを守っている


公共の場で騒いではいけない、順番を守るなど基本的なマナーを守っている人は誰からも愛されます。

基本マナーを無視して自分勝手に振る舞っている人は悪口を言われるのは当然ですよね。

たとえ仲良くしている相手でも裏では「あの人マナーが悪いよね」と言われているかもしれません。

基本マナーが守られていない人は非常識な人とみなされてしまうので要注意。

また、何かしてもらったらのなら「ありがとう」、自分に非があったのならすぐに「ごめんなさい」と謝れるかどうかも、大切なポイントになります。

たとえ、自分が悪くなくても折れて謝れる人は、周囲から愛されることでしょう。

♥悪口・不満を吐露しない


生きていると不満を抱いたり、人の嫌なところを見つけたり、悪口や不満が出てくるもの。

その不満・悪口を表に出すか出さないかによって、愛される女性と悪口を言われる女性にわかれるのです。

顔にすぐ出ちゃう人や誰かに不満・悪口を言う人は、裏で同じように言われているもの。

人に嫌なことをすると、必ず自分のもとに返ってきますよ。

一方で、多くの人から愛される女性は顔に出さず、不満・愚痴・悪口も一切言いません。

たとえ、嫌なことがあったとしても前向きに捉えられる明るさを持っているのです。

♥思いやりに溢れ、平等に接している


やはり、人に対する思いやりは欠かせません。

相手から気遣いや思いやりを向けられるととても気持ち良い気分になりますよね。

そして、自分も何かしてあげたいと自然と思いやりをお返ししたい気持ちになるものです。

誰からも愛される女性は常に相手を気遣い、思いやりに溢れています。

また、この人と付き合えば得をするなど損得勘定で動くこともありません。

誰に対しても平等に接している姿は、多くの人を魅了することでしょう。

いかがでしたか?

誰からも愛される女性と裏で嫌われている女性には、大きな違いがたくさんありましたね。

愛される女性になるためには内面からの努力が必要です。

今までの自分を振り返りながら、愛される女性を目指しましょう。(modelpress編集部)