【鳥肌注意】メキシコの「人形島」がマジ怖い! 何百体もの人形は “溺死した少女の霊を弔う” ため

写真拡大

ホラーやオカルト映画が大好きで、「実際に背筋が凍るような怖〜い体験をしてみたい!」という人はいるだろうか。お化け屋敷やハロウィンイベントに行っても、全く怖くなかったとガッカリしている恐怖体験熱望者に、ぜひおススメしたい島がある。

ネットで話題となっているその島は、オドロオドロし〜い人形が飾られまくっていて、その裏話を知ったら、鳥肌が立ちまくってしまうこと間違いナシだ。「こんなオッソロし気な島に行く人なんているの!?」と思っていたら、意外にも旅行者の間で人気を博しているというのである!

・人形島がマジで怖いィ〜!!

「アイランド・オブ・ドールズ:人形島」と呼ばれる島は、メキシコシティから船で2時間程行った場所にあり、何百体という不気味な人形達で彩られている。

島の写真を見ると、薄汚れた人形のなかには、両手脚がなかったり首だけになっている物もあり、そのオドロオドロしさが超ハンパないのだ!! プロが作り上げるホラー映画のセットでも、ここまで、リアルな不気味さを醸し出すことは難しいのではないだろうか。

・何百体もの人形は溺死した少女の霊を弔うため


この島に人形があふれ返った理由も、はたまたオカルトじみていて超コワ〜いのである。島の所有者だったフリアン・サンタナ・バレラという男性が、島で溺死した少女の遺体を発見し、後に同じ場所で人形を見つけたのだという。

以来、フリアンさんは少女の霊を弔うために、何十年にもわたって木に人形を飾るようになったのだ。しかし彼は、少女の遺体が見つかった同じ場所で、2001年に溺死したと伝えられており、なんだかホラーな因縁を感じてしまう話である。

・旅行者の人気観光スポットに!


リゾート地や人気観光地とは違い、行ってワクワクするような場所ではないが、意外にも人形島は、その異様さと他にはないミステリーに満ちあふれた場所として、旅行者に人気を集めているのだそうだ。

オドロオドロしい人形に囲まれ、グループで「ハイ、チーズ!」とポーズを取っている写真に違和感を感じてしまうが、リアルにオカルト体験したいという人には、ドンピシャな場所ではないだろうか。

霊感が強い人が人形島に行ったら、ビシバシと怪しい妖気や霊気を感じてしまいそうである。くれぐれも ‟ヤバい物” を連れて帰ってこないよう、気を付けて頂きたいものだ。

参照元:Instagram #islandofdolls、METRO(英語)
執筆:Nekolas

インスタグラムをもっと見る