ぶっ飛びすぎでコワッ! 男性がどん引きした女性からのアプローチ

写真拡大

恋愛が成就するのにはタイミングがつきもの。自分が好きでも相手がそれほどでもなかったり、こちらはそうでもないのに相手の気持ちが強すぎて逆に冷めてしまったり。男性が女性に感じる「がっつきすぎ!」なアプローチ方法について聞いてみました。

■ボディタッチ

・「やたら距離が近い人、やたら話しかけてくる人」(34歳/建設・土木/技術職)

・「必要以上にスキンシップが多い。」(35歳/その他/その他)

・「ボディタッチ、色目を使って迫る」(31歳/電機/事務系専門職)

ボディタッチは好意を示す上では有効かもしれませんが、あまりにあからさまだったり、何度も繰り返されたりすると、場をわきまえない人と思われてしまう危険性も。あくまでさり気なく、のテクニックが必要そうです。

■言葉攻め

・「好きだよとか愛しているとかしつこく言う人。」(39歳/食品・飲料/クリエイティブ職)

・「忙しい最中でしたが、マシンガンのような喋りで、ぐうの音も出ませんでした。」(39歳/自動車関連/技術職)

・「やたらと話しかけたり、その意中の人の話ばかりする。」(33歳/情報・IT/技術職)

好きな人と一緒にいるといつまでも話したくなってしまうのかもしれませんが、相手もそう思っているとは限りません。ただのおしゃべりな女と思われないように配慮を心がけましょう。

■プライベートな誘いが多い

・「いきなり二人きりの旅行に誘ってきたとき。色々とすっ飛ばし過ぎだと思った。」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「飲み会の時に常に隣の席をキープ」(33歳/商社・卸/営業職)

・「周りの目を気にせずプライベートな誘いをする」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「いつも誘ってくる。一目を気にせずくっついてくる。」(36歳/その他/販売職・サービス系)

周りにも狙っていることがわかるぐらいのあからさまな態度だと、男性も対応に困ってしまうもの。本当に好きだったらTPOをわきまえて、相手の立場に立つことが大切かも。

■まとめ

恋は盲目とも言いますが、大人になってもなりふり構わず、まわりの目を気にせずの猛アピールは、彼にドン引きされてしまう可能性が大。しかも、そんな強烈なアピールを感じ取った職場の同僚たちからの信頼も失いかねません。熱い気持ちを持ちながらも冷静なアプローチが、大人の恋の仕方なのかもしれません。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳〜39歳の働く男性)

(フォルサ/錦織寿恵)