李登輝元総統が退院/台湾

写真拡大

(台北 25日 中央社)台北栄民総医院は25日、24日夜から検査入院していた李登輝元総統(93)が、午後3時に退院したと発表した。

李氏の事務所関係者によると、李氏は24日午後から体調不良を訴えていたが、夜に行われた晩餐会に出席。その後めまいを起こし、大事を取り検査入院していた。

健康管理センターの陳雲亮主任は、李氏の容態について「安定している」と強調。ただ、高齢のため、負担になるようなことは控え、血圧が低くならないよう注意してほしいと言付けたとしている。

(張茗喧/編集:齊藤啓介)