台湾「唐奨」の授賞式  6人の受賞者に深澤直人氏デザインのメダル

写真拡大

(台北 25日 中央社)東洋のノーベル賞とされる第2回唐奨の授賞式が25日、国父記念館(台北市)で開催された。

2年に1度行われる唐奨では今年、「永続的な発展賞」でアーサー・ローゼンフェルド氏、「バイオ医学賞」でジェニファー・ダウドナ、エマニュエル・シャルパンティエ、フェン・チャンの3氏、「漢学賞」でウィリアム・セオドア・ド・バリー氏、「法治賞」でルイーズ・アルブール氏がそれぞれ輝いた。

中央研究院の廖俊智院長は、受賞者を「巨人」と称え、「巨人の肩に立ってこそ、前衛的で深い影響力のある全く新しい研究が生まれる」とコメント。台湾の国際的視野を広げ、世界との高度な学術的交流の促進につながればと期待を寄せた。

受賞者には日本の深澤直人氏がデザインした純金メダル、張翠蓮氏が手掛けた証書などが贈られた。

(陳至中、許秩維/編集:齊藤啓介)