コンセントに挿すだけでOK!自宅のWi-Fi範囲が広がります!

写真拡大

自宅での無線LANルーターの設置場所は、実はかなり自由度が低い。多くの場合は、リビングの隅っこなどにあるテレビのアンテナ線が出てきている辺りか、電話線が出てきている辺りといったところではないだろうか。

すると問題になるのが、もっとも遠い部屋での通信だ。いくら11acという無線の新規格ができたとはいえ、扉2つまたいで、さらに階上までといった場合には、通信速度の低下は避けられない。そんな時は途中で中継を考えてみてはいかがだろうか。

アイ・オー・データ機器が10月下旬に発売予定の無線LAN中継機「WN-AC1167EXP」(7129円)を使えば、これまでルーターの親機では届かなかった場所や、届いても回線が遅くなってしまった場所でも、快適に通信できるようにしてくれる。

[関連記事]世界初ターボチャージが速い! 渋滞知らずのWi-Fi無線ルーター

■いま使っているルーターに加えるだけなので、ほとんど設定する必要なし!

 

使い方は簡単だ。コンセントに直挿しするだけ。親機となかなかWi-Fiが届かない場所の間でコンセントがある場所なら設置可能だ。さすがにコンパクトとはいえないサイズだが、2穴コンセント両方を塞いでしまうことはないよう設計されている点もうれしい。

20160924_IODATA01

通信系で気になる設定も、考える必要なし。中継機と無線LANルーターの親機との設定は、中継機にある「WPS」ボタンを押すだけで完了。このWPS、実はメーカー独自規格ではなく、ほとんどのメーカーが採用している規格なので、対応機器であれば、アイ・オー・データ製以外でも、同じようにワンタッチで接続できる。

wn-ac1167exp_04

さらに、スマホやPC、ゲーム機、テレビなど親機とつないでネット接続している機器側の設定は、変更の必要なし。SSIDや暗号キーといった、接続の際に機器側で設定していた項目もそのまま中継してくれるので、なにもいじる必要はないのだ。

また、このような機器を導入する際に起こりうることとして、機器側があえて電波の弱い親機に接続しようとするという問題がある。これも簡単に解決できる。中継機に設定されているSSIDを接続機器側(スマホなど)に設定してやるだけだ。あとは手動にはなるが、中継機に近い場所では中継機に、親機に近い場所では親機に接続するといったことも簡単に行える。

せっかく高速回線が自宅まで来ていて、11acといった高速無線規格に対応したルーターを使っているのに、自室だと遅いと思っているのであれば、一度中継機の導入を考えてみてはいかがだろうか。

アイ・オー・データ機器「WN-AC1167EXP」>> http://www.iodata.jp/product/network/ck/wn-ac1167exp/index.htm

 

[関連記事]
スマホの設定は変えずにホテルでWi-Fiにつなぐ方法

オリンピックはライブが一番!iPhoneでどこでも観戦可能にするTVチューナー

コンセント1つでUSBポート×4!持ち歩ける充電器

(文/&GP編集部)