犬が飼い主を見つめる意味

愛犬がじっと見つめてくると、思わずこっちもじっと見つめ返したくなりますよね。
犬が飼い主のことを見つめている理由は、愛情か要求か敵意の表れです。
犬は話せない分、アイコンタクトで飼い主に何かを伝えようとしています。

愛情・要求

犬はリーダーの行動をじっと観察し、自分が何をすべきなのか見ることで判断します。
飼い主を見つめているのは、飼い主が何をするのか見ているからです。
この場合、落ち着いた様子でじっとこちらを見てくることがほとんどです。

また、首を上下に動かしたり、しっぽを振ったり、口を開けながら見つめている場合は、何かを要求しているときです。
見つめて要求している時、「しょうがないな」と毎回おやつをあげていると、犬との立場が逆転し、言うことを聞かなくなってしまうので注意してください。
見つめる行為は信頼の証なので、要求に対しては優しく「まだだよー」と一声かけてあげると愛犬は安心してくれますよ。

敵意

見るからにわかると思いますが、歯をむき出したり、目線を外さないようにじっと見つめたりしている場合は敵意があります。
犬社会では、目を合わさないようにすることで、敵意がないことを他の犬に伝えています。
初めて会うワンちゃんの目はじっと見ないであげてください。

ウンチしながら見つめるのはなんで?

日常で愛犬に見つめられることは何回もありますが、愛犬がウンチをしているときに見つめられたことはありませんか?
我が家の愛犬も必ず私を見つめながらウンチしています。
最初集中できないだろうと思い、目線を外していましたが、何か訴えているように思えてきて、最近では私もじっと見つめ返しています。
実はこのウンチのときの見つめる行為には理由があったのです。

トイレトレーニングの名残

愛犬がお家にやってきた頃、トイレトレーニングでうまくいったらおやつをあげましたよね?
このおやつをあげていたことを成犬になっても覚えていて、ちゃんと決まった場所でトイレが出来ていることをアピールして、ご褒美を期待しているのかもしれません。
「ちゃんと出来ましたよ!おやつください!」と見つめていると思うと、なんだか笑えてきます。

また、トイレを何回も失敗して叱られたことのある犬の場合は、ウンチをしている場所が間違っていないかどうかを見つめることで確認しているかもしれません。
「ここでしますけど、合ってますか?」と実は緊張しながら見つめていたとしたら、これまた笑えてきます。

本能による行動

習性で犬は常に周りの様子を伺っています。
ウンチをしているときの態勢はとても無防備なため、後ろから敵が襲ってくることを警戒しています。
そこで無防備な後ろ姿を飼い主に委ね、「背後は任せたよ」と確認する意味として、見つめているのかもしれません。
とても飼い主のことを信頼している証です。
あまりにじっと見つめてくる場合は、「任せろ!」と一声かけてじっと見つめ返してあげてくださいね。

まとめ

愛犬が見つめてくるのには必ず理由があります。
いずれにしろ、その見つめる行為は愛情や信頼がないとできないことです。
本来、犬が視線を合わせることは挑発する意味があるので緊張を感じる行為ですが、飼い主にはそういった緊張感はないため、目線を合わせてくれるのです。

幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンは、犬と見つめあうことで多く分泌されるという実験データもあります。
愛犬とたくさん見つめあって、今以上に愛情と信頼を深めていきましょう!