定番の白シャツ…寂し過ぎ?「小物投入」でオシャレに見せるワザ3つ

写真拡大

オフィス服の定番といえば、白シャツ。フォーマル過ぎずほどよくカジュアルで、清潔感と品性を兼ね備えた働き女子にとって欠かせない一着です。プレゼン、接待、営業などどんなシチュエーションにも適応可能。

しかし、ただ白シャツを1枚着用するだけでは、どこか寂しく見えてしまいます。便利なアイテムだけに、同僚と丸かぶりしてしまう日もあるかもしれません。

シンプルだからこそ変幻自在に色々なコーディネートが楽しめるにも関わらず、いつも同じ1パターンの着こなしではもったいない! 簡単なアレンジを効かせて周りと差をつけ、マンネリになりがちなオフィス服にバリエーションを持たせましょう。

今回はファッションライターの筆者が、小物投入で白シャツをグレードアップさせるコツ3つをご紹介します。

■1:ストールは大きさに応じて付け方を変える

白シャツにアレンジを加えるならまず、首元を華やかにすることを意識してみてください。目がいく顔周り、首元を彩るだけで全体の印象を大きく変えることができるのです。

白シャツとともに重宝するのが、ストールやスカーフ。羽織ったり、巻いたりとさまざまな合わせ方ができますよね。例えば大判のストールであればボリュームを出すようにマフラーのように首に巻けば、一気にカジュアルな雰囲気に。半分に折って三角形にして、羽織るとまるでストールがトップスのように早変わりします。

小さめの短いスカーフをネックレスのように首に巻きつけ、白シャツの襟を上から重ねてネックレスのように使うのもトレンドのやり方。長さや大きさに合わせてシャツの上から下から、自己流の巻き方で白シャツを見違えさせましょう!

■2:縦を意識した長めネックレス

首元を彩るアイテムとしてもう一つ、ネックレスも有効です。白シャツに合わせるとしたら、胸下までの長いネックレスがオススメ。短く存在感のあるネックレスも合いますが、長いネックレスのロング&リーンな雰囲気が大人っぽく見せてくれるためです。

白と相性の良いゴールド系で、派手になりすぎない華奢なものを選べば、女性らしい品のある雰囲気に昇華できますよ。

■3:白シャツ×ニットの定番コーデも“編み目”で変化を

白シャツに合わせるトップスとしては、ニットが多いでしょう。オフィスの温度に合わせて着られるカーディガンなどはこれからの季節常備したいアイテムでもあります。

そんなニットも、編み目の粗いローゲージニットと細かいハイゲージニットでは印象が大きく変わります。指が入るくらいの粗いローゲージニットはデザイン性が高く、個性を出せるアイテム。反対に、細かく編まれたハイゲージニットと白シャツは、“アメリカの私立名門校に通う学生風”という意味のプレッピースタイルの定番でもあります。

その日のなりたい自分に合わせて、白シャツにニットを合わせてみてくださいね。

以上、小物投入で白シャツをグレードアップさせるコツ3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?

マンネリな通勤スタイルを脱却したい、けれどファッションセンスに自信はないしそんなに挑戦はしたくない……。そんな人こそ定番の白シャツを使ったコーディネートを楽しんでください!

着慣れたアイテムに小物を一点投入するだけなので、ハードルも低いはず。これからとくに着る機会の多い白シャツで、オシャレの秋を楽しみましょう!