今すぐ実践したい! 職場の先輩に可愛がってもらうコツ

写真拡大

学生から社会人になって最初の数年は、仕事の仕方も何もかも手探り状態。そんなときに頼れる先輩がいるというのは心強いものですよね。先輩にかわいがってもらうために、努力したほうがいいことがあるとしたら何だと思いますか? 自分の体験談を含めて働く男性に聞いてみました。

■断らない

・「基本的に言われたことは全部やり、飲みに誘われたら行く」(37歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「どんな話でも面倒くさらずに聞く」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「先輩の言うことには全てイエスで答える」(33歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

YES man というと言い過ぎなのかもしれませんが、先輩からの仕事の指示や意見を素直に聞き入れるということは大事なことですよね。いちいち理屈っぽく反論されたら、教える気持ちも失せてしまいそう。

■コミュニケーションを積極的にとる

・「とにかく積極的に話しかける。話しやすいと思われることが大事だと思う」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「積極的に自分から話しかけていくこと」(34歳/商社・卸/営業職)

・「愛想がよく明るい性格の人が可愛がられると思います」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「先輩とか関係なく遊んだり飲みに行ったりすればいい」(30歳/建設・土木 /技術職)

自分を知ってもらうために話しかけたり飲みにいったり、コミュニケーションを積極的にとることは大切ですよね。仕事はもちろんプライベートなことも相談できる仲になると、困っているときに助けてもらえそう。

■仕事を頑張る

・「真面目に頑張って結果もちゃんとだす信頼をえることがだいじ」(34歳/商社・卸/販売職・サービス系)

・「できる限り努力して、仕事をしているところを見せる」(33歳/その他/その他)

・「嫌な仕事であっても自分から積極的に引き受ける」(35歳/情報・IT/販売職・サービス系)

先輩が大変なときに何も言わずにサポートしたり、真面目にコツコツ仕事に打ち込む姿勢は、何よりの信頼感につながりますよね。目立ちはしませんが、口ばかり達者な人より結果的には長く可愛がってもらえそうですよね。

■まとめ

ゴマをすったり、うわべだけの調子のいい態度をとったりするのが上手な人もいますよね。でも、本当に頼れる上司や先輩はそんな人をすぐ見抜くはず。真面目に努力をしていたり、上司や先輩の立場にたって仕事をする人にはここぞというときに助けてくれたり、後押しをしてくれるに違いありません。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳〜39歳の働く男性)

(フォルサ/錦織寿恵)