24日、インドのLCC・インディゴ航空の旅客機内で、韓国・サムスン電子製のスマートフォンによる発煙騒ぎが起きた。乗務員が消火器を使って対応した。

写真拡大

2016年9月24日、中国新聞網によると、インドの格安航空会社(LCC)・インディゴ航空の旅客機内で、韓国・サムスン電子製のスマートフォンによる発煙騒ぎが起きた。

発煙騒動が起きたのは23日、シンガポールから南インドのチェンナイに向かっていた6E−054便。キャビン上部の棚に置かれた手荷物に入っていた携帯端末が原因で、煙に気づいた乗客から知らせを受けた乗務員が消火器を使って対応した。

煙を出した端末は、水に浸けた状態にして着陸までトイレに保管したという。発煙騒動が起きたのは着陸間際だったが、乗務員の迅速な対応で混乱はなかった。インド民間航空局は、サムスン電子のギャラクシーノート(Galaxy Note)7で爆発事故が相次いでいることを受け、機内に同機種を持ち込む際には電源を切ることなどを指示していたが、今回の騒動の原因になったのはそれとは別のギャラクシーノート2だった。

インド民間航空局は、サムスン製品を機内の持ち込む場合には電源を切るか、あるいは製品を機内に持ち込まないようにしてほしいと乗客に向けて注意を促している。(翻訳・編集/岡田)