睡眠欲よりも概日リズムが勝る?(shutterstock.com)

写真拡大

 明日一日は、何の予定もない真の「休日」――。ふだんの睡眠不足を一気に挽回するぞ!

 そう望んで床に就いても、いつもと大差ない時刻に寝覚めてしまうものだ。その後の<二度寝>が許される分、妙に得した気がしないでもないが、途切れなしの「寝溜め」は無理なのだろうか?

 そもそも睡眠を遮断した(された)際、ヒトの脳内の各領域はいったいどんな反応を起こしているのか? そのあたりの脳内事情を探るため、ベルギーのリエージュ大学の研究グループが、健康で若年層のボランティア33人の参加を得て、連続42時間起きてもらう実験下で、いくつかの成果をまとめた。

 その研究報告は、アメリカ科学振興協会が発行する学術雑誌『Science』(8月12日号)に掲載された。

体内時計は<健康の素>

 まずは42時間の不眠実験中に、各自の注意力や反応時間を調べる試験が実施された。加えてMRI検査によって脳活動が記録されていったが、大方の事前予想どおり、被験者たちの断眠時間が長くなれば長くなるほど、総じて試験成績は低下していった。

 一方、検査の末、光や暗闇に反応して睡眠/覚醒サイクルを決定する「概日リズム(サーカディアン・リズム)」と、起きている時間が増すほど眠気に襲われる「恒常的睡眠欲」との間には、それぞれが影響しあう関係にあることも明らかになった。

 この2つの基礎的な生物学的プロセスを端的に言い換えるならば、前者の概日リズムが「体内時計」のようなもの(=この別称はよく使われる)、それに対して後者の恒常的睡眠欲は「体内砂時計」みたいなものとなる。

 『Science』誌上の付随論文を担当した米ハーバード大学医学大学院の睡眠医学教授のCharles Czeisler氏は、この2種類の「時計」の複雑にして興味深い相互作用を、次のように説明する。

 「たとえば、初日の午前7時から翌朝の午前7時までの24時間を起きていたとします。その後の開放感から自然と眠りには落ちるものの、体内の目覚まし時計が鳴ってしまい、数時間後に目が覚めてしまう。つまり、睡眠時間の長さを決定する主要因は『起きていた時間』の長さではなく、体内の『時刻』のほうなんです」

 睡眠操作の主導権を握る概日リズム(circadian rhythm)は、「約」とか「おおよそ」を意味するラテン語のcircaと、「日」のdiesを語源とし、「概ね1日」「約24時間」の周期を指している。

 内在的に形成され周期的に変動するこの生理現象は、動物や植物ばかりか、菌類や藻類に至るまで大概の生物内に存在している。その起源も進化上最も古い細胞まで遡れるとされる。

 日中の有害な紫外線下でのDNA複製を回避する目的から獲得された機能、と考えられている。どおりで「眠気」に勝る主導的立場にいるわけだ。
睡眠不足で仕事能力が低下、心血管疾患のリスクも......

 今回の試験に関しては、睡眠の専門家という立場から、米ワシントン州立大学スポーケン校のChristopher Davis氏がこのように解説する。

 「概日リズムと恒常的睡眠欲という2つのプロセスについては、以前から認識されていました。しかし、Czeisler氏らの新たな知見から、断眠中にそれぞれが異なる脳領域にどのような影響を及ぼすのかが示唆された」

 もっとも、一般の生活上、連続で42時間も起きている機会はそうない。だが、現実的なレベルでの睡眠不足状態でも人の仕事能力は低下し、ちょっとした不注意からの事故リスクも増大したりする。

 慢性的に睡眠不足気味の人は、心疾患や2型糖尿病などのリスクも高くなる。実際、概日リズムが喪失されると、夜間に血圧が下がらない(non-dipper)、逆に夜間に血圧があがる(riser)という高血圧傾向がみられたりする。こうした概日リズム障害を併せ持つ高血圧の場合、心血管疾患を起こしやすくなるのだ。

 前出のDavis氏も「今回の知見は知見として、多くの人々にとって重要なことはやはり、睡眠時間を十分に取ることという有意性は変わりません」と語る。

眠れぬ現代人を照らす人工光

 しかし、現代社会においては、長時間起きていたり、他人が寝ている夜間に労働力を提供することで賃金を得られる職種も少なくない。情報社会ではさまざまな誘惑も多く、睡眠時間を増やすことが口でいうほど容易ではないことは、Davis氏も認めている。

 今回の研究を主導したCzeisler氏によれば、現代の工業化社会では人工光があふれているため、「覚醒時間が夜遅くまでずれ込み、不眠症増加の一因になっている」という。

 夜間でも小腹がへればコンビニの灯が誘い、消灯後もスマホの画面が睡魔をさえぎる、誰もが微量な<時差ボケ>を自ら呼びこんでいるような世の中だ。

 米国立睡眠財団(NSF)が推奨している睡眠時間は、14〜17歳のティーンエイジャーで毎晩8〜10時間、18〜25歳のヤングアダルト層で7〜9時間、26〜65歳未満の成人の場合も7〜9時間、65歳以上の層で7〜8時間である。

 しかし、Davis氏は「正しい睡眠量というのは個人個人で異なる」と指摘し、その判断材料として「昼間の眠気に注意を払うことが大事である」と助言する。さて、眠気が襲ってきたので筆をおこう。くれぐれもスマホの誘惑などには負けぬように......。
(文=編集部)