話題のPlayStation VR対応ゲーム「V!勇者のくせになまいきだR」が明らかに【先週のまとめ】

写真拡大 (全7枚)

先週1週間、ITライフハックでは様々な記事を掲載した。注目の記事としては、話題のPlayStation VR対応ゲーム「V!勇者のくせになまいきだR」が明らかになった。21日(水)と22日(木)の記事を振り返ってみよう。

■ロジクール、新ゲーミングデバイス4機種「G403WL」「G403」「G213」「G231」を発売
ロジクールは、「Logicool G」シリーズの新機種として、ロジクールG403 有線/ワイヤレスゲーミングマウス、ロジクールG403ゲーミングマウス、ロジクール G213 RGB ゲーミング キーボード、ロジクール G231 ゲーミングヘッドセットの計4機種を、G403WLとG403、G213は10月20日(木)より、G231は9月23日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、ロジクールオンラインストア価格は、G403WLは1万1,880円、G403は8,750円、G213は8,250円、G231は7,750円(いずれも税抜)。

■ノートPCの内部にこもった熱い空気を効率良く排出してくれるファン
上海問屋は、ノートPCの排気口に取り付けることで、内部にこもった熱い空気をより効率良く排出できる、ノートPC用熱排出ファンの販売を開始した。価格は1,299円(税込)。本製品は、ノートPCの熱を排出することができるノートPC用 熱排出ファン。ノートPCの排気口に取り付けることで、内部にこもった熱い空気をより効率良く排出できる。これまでノートPCがすぐに熱を持ち、動作不安定になったり、フリーズになりやすかったという人も、この熱排出ファンを使うことで、熱によるリスクを抑えることができる。

■TGS注目のタイトル「V!勇者のくせになまいきだR」
東京ゲームショウ2016では、話題のPlayStation VR対応ゲームも数多く出展されており、多くの来場者が体験しようと列をなしていた。中でも注目したいのは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントから2017年に発売される予定の「V!勇者のくせになまいきだR」(Vなま)だ。本タイトルはこれまでシリーズとしてPSP版が3作発売されているが、ファミコン時代のようなドット絵のキャラクター、プレイヤーは破壊神となって地下ダンジョンを作り、勇者を倒すことが目的であるなど、いわゆるRPGのお約束を真逆で行く作りに引かれた人も多かった。

■釣り人に最適。50mまでの水中を撮影できる小型カメラ
上海問屋は水深50m・海水対応 フィッシングカメラの販売を開始した。価格は7,999円(税込)。本製品は、水中の状態を撮影して、PCなどで確認するのにも便利な水深50mの海水対応 フィッシングカメラ。このカメラを釣り糸に取り付けることで、水中の様子を1280×720p(60fps)の解像度で動画撮影可能だ。バイト(魚が餌やルアーに食いついた状態)の瞬間はもちろんのこと、水中や水底(ボトム)の状態も記録できる、釣り人なら誰しもが抱く願望を叶えてくれるアイテムだ。

■今日は「秋分の日」! 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ
今日は「秋分の日」だ。Google検索のトップページには、秋らしいイラストになっており、可愛らしい石のキャラクターがアニメーションで表示される。しばらく見ていると、枯葉がヒラヒラと漂うのが見られる。イラストをクリックすると、「秋分の日 2016」が検索される。

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
・Kingstonよりゲーミングヘッドセット「HyperX CloudX Revolver Gears of War」が登場
・幅約14cmのスリム筐体にハイパフォーマンスなシステムを構築可能なスリムATXケース
・VRも快適に動作する自作PCセットに最新のMSI製パーツを使用した「パーツの犬モデルM-101」が登場
・ドスパラ、「Vive」が快適に動作する推奨ノートパソコン2機種の販売を開始
・日本エイサー、3D対応フルHDプロジェクター「H6502BD」を発売