未練に気付かれたらアウト!? 「復縁」を目指すときに気を付けるべきポイント

写真拡大

恋の終わり。好きだった彼ですから、「ハイさようなら」と一瞬で吹っ切って立ち直ることなんてできませんよね。

ここで見極めて! あなたを大切にしてくれる“真のイケメン”の特徴5つ

誰だって、未練ごころは多少なりともあるもの。

しかし、この気持ち、彼に気づかれてしまうといいことはないのです。

気づかれるとどうなるのか

“未練がある”ということを、知ってほしいと思いがち。

それは、知ってもらえていれば説明がいらないので復縁もしやすい、と思ってしまうからでしょう。

けれども、相手にそれを気づかれてしまうと何もいいことはないのです。

最悪の場合「しつこい」と思われてしまい、嫌悪感が発生する危険があるのです。そうすると彼は「頼むから早く忘れてくれよ」と思うでしょう。

ですから最初のうちは「あなたに未練なんかない。もう忘れた」と思わせたほうがいいのです。

ある程度の時間がたったら…

時間がたてば、友情寄りの好意ならそれほど嫌悪感は抱かなくなります。

昔の恋人が、自分のことをまだチョッピリ好き――割とそれは気持ちのいいことであり、励みに似た気持ちが芽生えます。しかし、ときに“ファンの一人”とカウントされることもあります。

他人に「まだ俺のこと好きみたいだ」と自慢されてしまう。これは少数派ですが。

その“好かれている気持ちよさ“を、長く感じていたいので優しくしたり恋人時代と変わらない扱いをしたりします。

ココが勘違いしやすいのですね。

「彼ってやっぱり優しい!私がまた言えば、付き合えるかも?」これはアウトなんです。

そこで気をつけるポイント

そこで復縁したいしたいモードに豹変し、グイグイ行ってしまえば、とたんに恐怖心が……。

グイグイ行かなければ気持ちのいいままですみ、おまけに「いい子だ」と判定されることも。

「一線を越えてこない空気を読める女」判定ですね。

このまま、いいバランスで行けば、お互い平穏でいられます。その平穏で過ごせるようになってから、ほんとうに復縁したいのかすべきなのか考えたほうがいいでしょう。

優しくされるホンワカな友情以上恋愛未満関係もいいものですけれど。

ですので、このまま思い続けていても構わないです。そういう時期もありますし、やり過ごすうちに、もう彼とは何も共有できないことが分かります。そのとき未練がなくなるでしょう。

どうすれば強制シャットダウンできる?

ホンワカなんていらない。ならば未練ごころを強制的に消すようにします。

ただの平凡な男だと思うようにする 彼のイヤな部分や短所を紙に書き出してみる 冷静に彼の悪いところ、弱い部分を分析 私に必要なかったと強く思うようにする その後はビリビリに破いてポイ 新しい彼女とのデレデレした生活を想像する

そこでまた、復縁をまだしたいかがわかるでしょう。

復縁したいなら未練は捨てよ

どうしてもしつこくなったり必死になったりするため、未練があったままの復縁はNGです。

そのために強制的に未練ごころを消して一旦クッションを置くのです。冷静になって「彼の悪いところが、直らなくてもいいのか」と考えましょう。

そのときに「別にもう、この人とは付き合わなくてもいいかな」と考え直すこともあります。

悪いところを徹底的に理解した後の復縁というのもアリです。

学習して付き合うのですから、もう同じ過ちや失敗はしないでしょう。