やべ、キュンとした! 男性が恋愛対象として見てしまう女性上司の特徴

写真拡大

女性管理職の登用が推進され、今後ますます女性の上司も増えていきそうな気配。男性社員が思わず恋愛対象として見てしまいそうな女性上司の特徴とはどんなものなのでしょうか。男性目線からのリアルな意見、あるいは願望を聞いてみました。

■ギャップ萌え

・「仕事はできるが、ちょっとしたところで天然が出るような人」(37歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「仕事はテキパキ、完璧にこなすも、飲み会やプライベートではどこか抜けたようなところがあるところ。普通の人間なんだなと思えるから。」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「職務中とプライベートのギャップなど」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

男性、女性に限らず、いい意味でギャップのある人は魅力的にうつるよう。普段はバリバリなキャリアウーマンでも、ふとしたときに見せる新たな一面にぐっと心惹かれる男性は多いようです。

■セクシー

・「少し色気があり、すべてを包んでくれるような優しい女性。」(33歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「美人で、スタイルのいい女性」(33歳/その他/その他)

・「いやらしい雰囲気が出ている場合に限る」(39歳/情報・IT/クリエイティブ職)

あからさまなセクシーさよりも、時折感じる色気に惹かれるという。同性であっても色気を感じる女性っていますよね。ファッションや性格の問題でなく、持って生まれたフェロモンとでも言うのでしょうか。

■自分にだけ見せる表情や態度

・「ふと誰にもみせない態度をみせてくれたとき」(36歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「美人、仕事はできるが弱いところもあり、それが自分に対してだったり、ぶっきらぼうでも自分には優しかったり一緒に軽くどこかに連れてってもらえること」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「やけに自分だけ怒られて、そのあとやけに優しい」(27歳/建設・土木/技術職)

・「オンとオフの差を感じる。自分だけに見せる姿がある」(38歳/学校・教育関連/営業職)

「なぜか自分ばかり怒られる」「自分にだけ気を許されている気がする」など、「自分だけ」と思うようなことがあると「もしかして……?」と意識してしまうことも。ただ、自意識過剰な場合には要注意。

■まとめ

適度な色気や普段とのギャップ、そして自分だけに見せる可愛らしさなどがある女性上司が、恋愛対象として見られていることがわかりました。「職場の上司をそんなふうに見たことは一切ない」という声もありましたが、最初から恋愛感情で上司を見ている人のほうが少ないもの。あなたもふとした拍子に、後輩男子の恋愛対象内に入り込んでいるかもしれませんよ。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳〜39歳の働く男性)

(フォルサ/錦織寿恵)