〈ラ・ストゥア・デ・ミチル×リストランテ センソ〉パスタ1,836円(税込)+料理1皿or料理2皿のスペシャルディッシュ

写真拡大

9月27日(火)〜10月2日(日)で、伊勢丹新宿店にて「イタリア展」を開催する。これは日伊国交150周年と伊勢丹創業130周年を記念したもので、「イタリアと日本をつなぐデザインのちから」をコンセプトに、イタリアの“今”を感じるデザインを、衣食住の視点から読み解くというもの。

【写真を見る】“肉の伝道師”ダリオ・チェッキーニ氏

見逃せないのは、まずはやはり豪華な「食」ラインナップ。ニコラ・ラエラ(イタリア/初来日)×近藤正之(日本/初登場)、ガブリエレ・ボンチ(イタリア)×嶋岡圭吾(日本)、ダリオ・チェッキーニ(イタリア/初登場)×竹内悠介(日本/初登場)といった、イタリアと日本の一流&食の世界を牽引する気鋭のシェフたちがコラボしたスペシャルメニューを食べられる貴重な機会です。

ほかにもミシュランで13年連続星を獲得したピエモンテの名店〈リストランテ イルパティオ〉のオーナーシェフが、メソポタミア文明時代からの古代種である希少なホラーサーン小麦やエンマー小麦のパスタを使って考案した4種のメニューを味会えます。星付きレストランの味を気軽にフードコートで味わえるはイタリア展ならでは! さらにイタリアナンバーワンとの呼び声高い、〈ベッピーノ・オッチェッリ〉のバターも登場。絞りたてのミルクをそのまま固めたようなフレッシュで濃厚な味わいです。

もちろんワインも充実。北から南までイタリア全土から集めたワインを「AGE=飲み頃の時期」「GRAPES=品種や地域」「STYLE=生産方法」 「FOCUS=注目キーワード」という4つの視点からセレクト。総勢28名の生産者来店も予定されています。

また、9月27日(火)〜10月4日(火)には、伊勢丹新宿店本館やメンズ館各階でイタリアンウィークも開催。インテリアやファッションでもイタリアの「今」がわかるアイテムが揃います。イタリアウィーク開催期間中は、新宿通りを中心にして新宿高野本店、新宿中村屋、紀伊国屋書店、JTBなどさまざまなショップも、イタリアをテーマに限定メニューやセミナーなど、さまざまなプロモーションを展開。

貴重な機会をぜひ逃さず楽しんでみては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】