2016年9月23日、環球網は記事「ビザなし入国の拒否が急増、訪問目的不明が主な理由に―韓国済州島」を掲載した。不法就労者対策として、上陸拒否されるケースが増えている。資料写真。

写真拡大

2016年9月23日、環球網は記事「ビザなし入国の拒否が急増、訪問目的不明が主な理由に―韓国済州島」を掲載した。

韓国の済州島は2002年発効の済州国際自由都市特別法により、一部の国を除きビザなしでの滞在が認められるようになった。ところが近年になって上陸拒否の割合が増えているという。2014年は0.34%だったが、15年には1.2%、今年は1.31%に上昇した。

ビザなし入国後に違法滞在する不法労働者が増加していることから、審査を強化しているという。済州島のビザなし入国者のうち99%は中国人が占めているという。(翻訳・編集/増田聡太郎)