シャツの腕まくりはマナー違反!?秘書が教える服装TPO

写真拡大

なかなか人に聞けないファッションのTPO。あなたはどれくらい分かっていますか? 最近はオシャレとしても雑誌で取り上げられているYシャツの腕まくり。これって実際職場ではOKなのでしょうか? そんな疑問を解決すべく、ビジネスマナーの達人・「秘書」に直球質問! Yシャツの腕まくりはOKなのかNGなのかを秘書視点で検証していただきました。ワンランク上を目指すキャリア女子は必見です!

■お仕事中のあらゆる場面において


・お客様に会う場合、腕まくりはNG!

Yシャツに汗が滲むと、ジャケットを脱いで腕まくりをしたくなりますよね。しかし、お客様に会うときは必ず袖をきれいな状態に戻し、ジャケットを羽織るのが鉄則。腕まくりをしたままお客様に会うことは私服で会うことと同様の意味を持ちます。
ビジネスでは見かけで判断されてしまうことが多々あり、ビジネスの場に相応しくない身なりをしているだけで信用を失ってしまう場合もあるので、暑いと感じたとはいえ、身なりには十分気を付けて。


■お客様の前ではダメ……なら社内ではOK?

基本的には社内でも腕まくりをしないようにするべきでしょう。いくらお客様と会わないといえ、日々上司と関わり、目上の方と会うオフィス内。そこには必ず心遣いは必要であり、敬意が欠けた身なりであってはいけません。

最近ではクールビズを行っている企業も多いですが、そのような場合でも、リネン素材のシャツを選んだり、なるべく腕まくりをせずにいれる様、工夫をしましょう。


■Yシャツ問題における秘書視点まとめ

Yシャツを腕まくりするだけで、キチンとした中にも抜け感が出ておしゃれに見えるので、最近は特に腕まくりスタイルが広がっている模様。
キャリア系の雑誌では、よく腕まくりをして「カッコイイスタイル」として提案していることが多々ありますが、ファッションと仕事着は別物です。仕事へは服装を見せに行っているわけではありません。腕まくりを否定するわけではありませんが、あくまでも仕事の場面において「目上の人の前に出てもOKな格好であるかを常に考えたTPOファッションが安全」というのが秘書的視点の着地点でした。


つい「暑いから」「きちんと着るのが面倒だから」と腕まくりをしていませんか? ファッションとしては是非シャツコーディネートを楽しんで欲しいところですが、ビジネスではオススメできない模様。服装は人を表すともいうほど、特にビジネス上では身なりが大切です! 是非この機会に自身の身なりを見直してみてはいかがでしょうか。


(馬場 さおり)

【あわせて読みたい】
秘書が教える!好印象を与える鉄板ナチュラルメイクの法則
・自信ある?今さら聞けない「間違いやすいビジネス敬語」5つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ
・30代・40代流スカンツ&スカウチョの選び方とコーデ術
・スタイリスト直伝!30代・40代「トレンドサンダル」選び方・コーデ
・スタイリスト直伝!30代・40代流「サンダル+靴下」コーデ術
・30代・40代の大人まとめ髪「くるりんぱ×お団子」ヘアアレンジ