22日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の学生は中国の古代文化をしっかりと学んでいると紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は孔子像。

写真拡大

2016年9月22日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の学生は中国の古代文化をしっかりと学んでいると紹介する記事を掲載した。

記事は、古代中国文化はアジア諸国に大きな影響を与えたが、中でも日本に与えた影響は大きかったと指摘。日本では今でも多くの学生が中国の古典文学などの古代中国文化を学んでおり、古代文化を重視する点では「中国人も冷や汗が出るほどだ」とした。

その上で、中国の古代文化に関する記述のある日本の教科書を紹介。漢文を学ぶ上での資料として古代中国の服装や品物、孟子に関する説明、漢文とその説明などの写真を紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これはきまりが悪い。中国の教育専門家は何をしているのだ?」
「なんと恐ろしいことだ。日本人は中国の古代文化を学んで1000年後には中国人だと名乗るのではないだろうか」

「率直に言って中国の教育は改善が必要だ」
「中国教育の失敗は、英語の地位を国語より上にしたことだ。しかも中国の英語教育はごく普通だし」

「伝統文化を捨て去った結果が今の中国だ。日本の方がずっと伝統文化を重視している」
「50年後の中国にはどれだけの伝統文化が残っているだろうか。日韓が儒教文化の中心になるのではないかと心配だ」

「日本人は良いものなら何でも学ぶ。狭量な中国人とは違う」
「われわれにはマルクス主義があるからな。こういう封建的な思想はマルクス主義に取って代わったのだ」(翻訳・編集/山中)