いよいよ今年もやってくるハロウィンの季節。お子さんのいるご家庭では待ちに待ったイベントではないでしょうか。

しかし、意外とママが着せたい仮装と子どもがやりたがる仮装が異なってしまうことがあります。とくに女児ママとおませな娘さんの間には、細かいこだわりの違いがあるかもしれません。

かといって、子どもが欲しがるグッズを揃えていくのは予想外にコストがかかり、お財布もママも泣いてしまったのではイベントを楽しめませんね。

そこで今回は、100均のお店に行って揃えることができる「なりきりプリンセスグッズ」を紹介します。

100均グッズであれば乙女心をくすぐる商品を気の済むまで買ってあげたとしても、そこまで苦しい出費にはならないでしょう。アイデア勝負でいろんな仮装を楽しんでみてください!

■1:キッチングッズで「なりきりドレッサー」

まずは、乙女の身だしなみを整えるためにピンク一色でまとめた「ドレッサー」を作ってあげましょう。今回用意したのはキッチン周りに置くグッズ4点。

キラキラ輝くガス台シート、クッション性のある食器棚シート、花柄のシンクマット、水切りラックです。「これで?」と思うでしょうが、子どもには十分な専用ドレッサーが完成するのです。

これらを組み合わせて出来たのがこちら! 置く台は段ボールでも、小さな机でも何でも構いません。ピンクで統一するだけで女子らしさがでます。

そこへこれも100均で買った鏡やリボン、ふわふわのフェザーモールなどでアクセントを付けて飾ることで雰囲気が出ます。専用のドレッサーがあることで、女の子のオシャレ心をくすぐることができそうです。

小学低学年くらいの女子には、文具入れとしてアレンジするのもおススメです。こうなるともう絶対に水切りラックには見えません!

■2:ひと工夫でゴージャスに「ヘアアクセサリー」

100均のヘアアクセサリーコーナーには、100円とは思えない可愛いヘアゴムやヘアクリップがたくさんあります。

ドレッサーの写真にもパールのバレッタやミニーちゃんのリボンゴムを置いてみましたが、ゴージャスなポニーテールを作りたい子は2つ組み合わせるのもいいですよ。

とても大きな蛍光ピンクのリボンゴムに、ビーズのついたヒラヒラのシュシュを組み合わせるとより一層目立ちますね。

■3:やわらかな雰囲気になるピンクの「王冠」

頭飾りにはプリンセス気分を高めるモノが多いです。本物のティアラはとても手に届きませんが、フェルト製の王冠なら可愛くて軽くて小さな子にも安全です。ゴムのあごひもが付いているので頭にフィットします。

■4:髪が短くても細くてもOKな「ネコ耳ピン」

子猫ちゃんのように変身できるのがこちら。パッチン留めになっているので、子どもの細い髪の毛やショートカットの子でもしっかり付けることが可能です。

■5:ちょっと大人気分な「光るイヤリング」

ピアスやイヤリングにあこがれる女の子が喜ぶであろうグッズです。

発光時間は4〜6時間と長くはないですが暗闇でバッチリ目立てるアイテムで、いつもより夜更かしできるハロウィンのナイトパーティーや、アミューズメントパークへのお出かけのときに付けて行くと、テンションが上がるかもしれません。

■6:シールを貼るだけ「ネイルシール」

指先までプリンセスを演出できる簡単な方法はネイルシールを使うことです。

100均のネイル関連コーナーは常に新作が登場しており、季節に合わせた柄やかつてはネイルサロンでしか手に入れることの出来なかったデザインがお手軽に試せるので嬉しいですね。

爪をよく見たらプリンセス柄なんて、お友達にも自慢したくなりそう。

■7:非日常を楽しめる「タトゥシール」

シールもので特別な気分になれるものがもうひとつ。

映画『アラジン』のジャスミンみたくオリエンタルな印象になれるのがこちらのタトゥシールです。はがしたくなったらママのメイク落としやお湯とボディーシャンプーで洗い流せばキレイに取れます。

■8:ハロウィン時期に買いたい「つけまつげ」

この時期にしか店頭に出ていなそうな面白い変装グッズは、気に入った時点で買っておくのもいいかもしれません。

今回見つけたのはスパイダーマンもビックリのクモの巣状になっているタイプ。パンプキン柄などもあって個性的な目元を演出できます。

■9:夏が終わると入手困難な「サンダルアクセサリー」

多くのお子さんは夏にサンダルばかり履いているのではないでしょうか。

もうすぐサンダルの季節は終わってしまいますが、常にキラキラの物を欲しがる女子が買わずにいられないのが、このサンダルアクセではないでしょうか。4cm程ある大きめのサイズなので100均で入手できたらお得です。

■10:大人用をアレンジする「くしゅくしゅレッグウォーマー」

足元にもっとアクセントを付けたい場合は、こんなアイデアはいかがでしょう?

ハロウィン用の広がるスカートにあわせて、大人の日除けグッズとして売られていたアームカバーをくしゅくしゅのレッグウォーマー風にして履かせてみるのです。

プリンセスではないですが、フワフワやくしゅくしゅが嬉しくて喜ぶのではないでしょうか。

■11:お手本はいつもそばに「プリンセスシール」

最後にご紹介したいのが、お部屋や小物をプリンセスでいっぱいにできるシールたちです。

キラキラのホログラムシールはシンデレラや白雪姫、アリエルなどプリンセスが集結したもので、あらゆる物に貼っておけばいつでもお姫様を近くに感じることができます。

壁に貼るタイプのシールはサイズも大きく、存在感あり! 大人女子もときめくシックなシルエットタイプもありました。

以上、あらゆる角度からチャレンジした「なりきりプリンセス」グッズを紹介しました。アイデア次第でいろいろな楽しみ方ができる100均のお店に、ぜひお子さんと行ってみてください。

(文/中田蜜柑)

 

【参考】

※Seria(セリア)