しっとり口どけやわらか♪丹波産黒豆きなこをたっぷり使った、ぜいたくバウムクーヘン

写真拡大

兵庫県丹波市柏原で、樹齢1000年ともいわれる大ケヤキ 「木の根橋」。

その近くにショップ兼工房を構える、バウムクーヘン専門店「正夢逆夢(まさゆめさかゆめ)」は、丹波市内でとれた米粉や牛乳、卵、栗、黒豆、大納言小豆など丹波産の素材にこだわり、ひとつひとつ手作りでバウムクーヘンを作っています。

大欅をイメージして作られたバウムクーヘン

今回紹介する「樹乃根 欅(けやき)」は、ショップの近くにある「木の根橋の大欅」をモチーフとして、木の切り株をイメージしたバウムクーヘンです。

樹齢1000年のけやきが持つ、重厚感とそれに絡むツタをグラサージュ※で表現し、木にやどる苔やゴツゴツとした木の皮を連想させるように黒豆グラッセをつけているそう。

※グラサージュ:菓子の表面にチョコレートやソースなどを流しかけてコーティングする調理法。

丹波産の黒豆きなこの芳醇な香りにうっとり

生地には丹波産黒豆を香ばしく焙煎し製粉したきなこと、幸せの象徴であるとされるアーモンドを卵黄で練りこみ、醗酵バター・はちみつを加えることで薫り高く仕上げています。

店名の「正夢逆夢(まさゆめさかゆめ)」は、「良い夢を見ると現実となって、悪い夢を見ると逆さまになる、どちらにしても幸せになるというおまじないの意味」とのこと。

そんな縁起のよい店名であることから、結婚式の引き出物としても人気だそうです。

自然の恵み、丹波素材のおいしさがぎゅっとつまった、こだわりのつまったバウムクーヘンで、口福なティータイムを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ことりっぷの最新記事