まだ「運用より倹約」派!? 賢い現代女子が考える資産アップの方法

写真拡大

収入が少ない、貯金額も心もとない……こんな状態でこの先私、大丈夫なのかな!? ふとそんなふうに、自分の懐事情に不安を感じた経験、きっと多くの人がありますよね。

お給料を上げるには、昇進するか転職するか……どちらも気軽に動けることではありません。

ならば残る手段は、“今ある資産を増やす”こと。でも資産運用なんて、私の周りは誰もやっていないし……そう思っていても、蓋を開けてみたら、あの同僚もあの友人も知らぬ間に取り組んでいた!なんてことも有り得ます。

もしそんな現状を知ったら……ちょっと焦りますよね!?

実際のところBizLady女子たちは、自分の資産を増やすことについてどう考えているのか?

気になるけどなかなか聞けない、“資産運用”に関するみんなの考え。『BizLady』が20〜40代の女性423名にアンケート調査を実施! そして、経済キャスターを務める筆者がお伝えします。

■あなたはどう思う? 株式やFX運用への興味を持つ人は、1割未満

「今ある資産を増やすための方法として、どれを選びますか?」この質問に、いくつかの選択肢の中から複数回答で答えてもらった、今回の調査。まず回答者の少なかった答えからご紹介しましょう。

7位 ギャンブル(競馬、競輪、パチンコなど)……4.7%

6位 国債や社債運用……7.1%

5位 不動産運用……8.0%

4位 株式投資や為替運用……9.0%

女性に回答してもらっただけに7位の回答数の少なさは納得ですが……6位から4位の回答割合を、あなたはどう思うでしょうか?

■不動産投資は今がチャンス!? 都心に着目した賢いやり方も

どれも1割未満、多いとは言えません。ですが、中身を見ると一括りに「資産運用に関して意識が低い!」とは言い切れない気もしませんか?

例えば5位の「不動産運用」に興味を持つ人は8%ですが、筆者の個人的な印象は「決して少なくはない!」というものでした。

低金利時代に加え、東京オリンピック開催や中央リニア新幹線開通などに向けての都市部の地価高騰への期待などもあり、いま注目の運用法の一つであることは確か。

筆者は8月、マンション投資に関する番組に出演しましたが、とくに都心の不動産への視線はやはり熱を帯びているのだなと実感したばかり。

もちろん元手だけでなく知識も大いに必要ですが、そんな現状を理解した上で運用にチャレンジしてみたいと思う女性が少なからずいるのは頼もしいことですよね。

■日本人はまだまだ、投資より預金!? 資産を増やす方法、トップは「定期預金」

ではトップ3の回答も見てみましょう。それが、こちら。

3位 宝くじ(totoやBIGなどを含む)……14.7%

2位 懸賞などへの応募……22.0%

1位 定期預金や積立貯金……30.5%

3位と2位の回答は少々娯楽的な要素も感じられますが、1位はじつに地道かつ堅実な答えに……。

BizLadyの過去記事「私の貯金は…!? 恐れていた副作用“マイナス金利”忍び寄る影響とは」でお伝えしたように、超低金利時代のいま、銀行などへの預金の金利も微々たるもの。

それでもなお、「定期預金」という答えがトップ。確かに株式や不動産運用と違い、資産価値の目減りなどは現状では起こりませんが、“増やす”という意味では近道とは言えません。

そして、気になる回答をここでもう一つ……。

■堅実さが表れた答え……3割もいた! 「運用より倹約」派

・増やすことより、倹約で支出を減らす……27.4%

“資産運用の方法”という意味では回答の方向性が異なるため、この答えを選ぶ場合のみ単数回答にしてもらったのですが……そのことからも、この回答を選んだ人がどれだけ多いのがわかりますよね。

諸外国と比べ、日本は資産運用に苦手意識を持つ人が多い、とよく言われますが、1位の回答といい、こちらの回答の多さといい……やはり現代でも、その状況は変わっていないのもしれません。

以上、現代女子の資産運用への考え方についてでしたが、いかがでしょうか?

この結果を見て、「ほーらやっぱり、運用なんてほとんどの人がしてない!」と安心するのか、「まだ少ないとはいえ、資産運用に興味を向けている人が確実にいる!」と捉えるのかで、今後の資産形成にも違いが出てくるかも!? しれませんね。