23日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「やっぱり思いやりの国、日本」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの注目の的となっている。資料写真。

写真拡大

2016年9月23日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「やっぱり思いやりの国、日本」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの注目の的となっている。

一般的に「自動ドア」といえば、センサーで開くものや、ドアにあるボタンを押したりタッチしたりして開くものが多い。スレッド主は、熊本県熊本市のある店の写真を数枚掲載、入り口の自動ドアの下方には「犬用」と書かれた自動ボタンが設置してあり、犬が自由に出入りする様子が写っている。このボタンを主に利用しているのは、同店で飼われている犬だという。この優しさに、スレッド主は「ワンちゃんに対しても思いやりがあふれている」とつづっている。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「なんて親切なんだ」
「アイデアが素晴らしい」

「でも普通の犬がボタンを押して入れるだろうか」
「訓練を受けた犬が出入りできるようにしたのかな」

「(犬というより)人が足で押して入って来そう」
「(足で押せるから)荷物が多い時に便利かも」
「確かに。韓国ならそういう人も多そうだ」

「高齢者の多い田舎では、足で楽に押して出入りできるようにしている所もあるみたいだよ」(翻訳・編集/松村)