正しい言葉遣いの蘊蓄を語る(写真:アフロ)

写真拡大

 文化庁が21日に発表した調査によると、若者のあいだにいわゆる「ら抜き言葉」がほぼ定着しているようだ。嘆かわしいと憤慨しているおっさんに、大人力コラムニストの石原壮一郎氏がその対処方法を伝授する。

 * * *
「今年は初日の出が見られた」と「今年は初日の出が見れた」──。

「早く出られる」と「早く出れる」──。

 文化庁が21日に発表した2015年度「国語に関する世論調査」によると、いずれも後者の「ら抜き言葉」を使う人が多数派になったという結果が出ました。これは1995年度の調査開始以来、初めてのことです。10代の若者に限ると、8割近くが「見れた」を使っているとか。「出れる」も、10〜20代の6割以上が使っています。

 好き嫌いはさておき、もはや「ら抜き言葉」は、日本語の中で定着したと言っていいでしょう。そんな現状を踏まえつつ、大人として「ら抜き言葉」の定着をどう受け止めるか。アピールしたい自分像に合わせて、効果的な語り方を考えてみたいと思います。

●「ちょっと知的で頼りになるオジサマ」に見られたいあなたに

 自覚があるかどうかはさておき、こういう自分像に憧れを抱いている中年男性は少なくありません。多くは、会社ではさほど人望はなく、どうでもいいことにケチはつけるけど、自分では動こうとしないし責任も取ろうともしないタイプです(註:個人の偏見です)。

 知的な一面をお手軽にアピールしたいオヤジにとって、「日本語の乱れ」は極めておいしいテーマ。若い部下や後輩が「的を得た意見ですね」なんて言おうものなら、鬼の首を取ったように「おいおい、的は得るもんじゃなくて、射るもんだよ」と冷笑します。じつは最近は「『得る』もアリでけっして誤用ではない」というのが専門家のあいだでも定説になっていますが、そんなふうに指摘しても「俺は、そんなバカな話は聞いたことない!」と一蹴して、己の情報感度の鈍さを正当化してくるでしょう。

 といった一面があるのはさておき、たとえば若い女性社員が「午後の商談、私は1時には出れそうです」と言ったら、望ましい自分像を印象づけるチャンス。

「なるほど『出れそう』と来たか。まあ、いまの若い人のあいだではそれが主流かもしれないけど、本来は日本語として間違いだってことは覚えておいたほうがいいね」

 そんなふうにネチネチと説明すれば、仮に相手が「うわー、うざいオヤジ」という呆れた視線を向けてきたとしても、それを「ちょっと知的で頼りになるオジサマ」を見る視線だと勘違いすることができるでしょう。さらに、「相手の年齢における常識を尊重しつつ、きちんと導いてあげられるナイスな俺」にウットリすることも可能です。

●「時代の流れに敏感で懐が深いオジサマ」に見られたいあなたに

 さっきのタイプほど頭の構造がシンプルではなく、もう少しだけ情報感度が高いオヤジが目指しがちな方向です。こっちはこっちで、たまに若者からおだてられるせいか、「俺は世の中の動きや若者の気持ちがよくわかっている」という誤った認識を抱きがち。自信満々で的外れなアドバイスをしてきたり、微妙に間違った知ったかぶりを披露したりして、職場ではひそかに苦笑されています(註:個人の偏見です)。

 そんなことはさておき、「ら抜き言葉」が定着したというニュースは、こっちの方向で自分をアピールする上で活用しない手はありません。たとえば若い女性社員が「送っていただいた添付ファイル、見れました」と言ったら、すかさず食いつきましょう。

「なるほど『見れました』か。文化庁の最新の調査でも、すでに『ら抜き言葉』を使っている人のほうが多いっていう結果が出てたね。俺は言葉っていうのは変化していくもんだと思っているから、ぜんぜんOKだと思うよ。それに、いまの流れで『見られました』って言うと、俺が見たかどうか聞いているようにも取れるしね。言葉って、使いやすい方向にどんどん進化してるってことだね。アハハハ」

 ああ、鬱陶しい。いや、第三者として見ると極めて鬱陶しいリアクションですが、言った本人は深い満足感を覚えることができるので心配はいりません。お望みどおり「時代の流れに敏感で懐が深いオジサマ」っぷりをアピールできた気にもなれるでしょう。

 それぞれのニーズに応じて、よかったらお試しください。お察しのとおり、ノウハウを提示する体を取りながら、そういうタイプのオヤジを「確信犯」で揶揄している原稿ですが、もし「琴線に触れた」としたら申し訳ありません。

 ……という文章に「あれ?」と違和感を覚えたあなたは、かなりの日本語力の持ち主です。同じ調査では「慣用句等の意味・言い方」についての質問もありました。

「確信犯」は、もともとは「政治的・宗教的等の信念に基づいて正しいと信じてなされる行為・犯罪又はその行為を行う人」という意味ですが、そう思っている人はわずか17%で、69%の人は「悪いことであると分かっていながらなされる行為・犯罪又はその行為を行う人」と思っています。

「琴線に触れる」は、もともとは「感動や共鳴を与えること」という意味。そう思っている人が39%で最多ではあるものの、「怒りを買ってしまうこと」と逆の意味に取ってしまう人も31%と、けっこうな割合で存在します。怒りを買うのは「逆鱗に触れる」ですね。

 すでに間違った意味で認識している人も多いという事実は押さえた上で、正しい意味は覚えておいたほうがいいでしょう。まあ、言葉というのはどんどん変化し、進化していくものなんですけどね。アハハハ。

 ……と、両方のタイプのうざさと鬱陶しさをミックスさせてみました。オヤジ世代がしてしまいがちな行為に対して、警鐘を鳴らす効果があったとしたら幸いです。