横浜の病院で入院患者が中毒死 点滴袋に「界面活性剤」が混入

ざっくり言うと

  • 横浜市の大口病院で、点滴への異物の混入によって入院患者が中毒死した事件
  • 点滴袋に界面活性剤が混入されていたことが捜査関係者への取材でわかった
  • 院内に在庫としてあった複数の点滴袋にも、異物が混入されていた疑いがある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング