初鰹は獣医師が推奨する食材

新鮮な鰹はとても美味しいですよね?
初鰹に戻り鰹、私は脂の乗った戻り鰹が大好きです。
そして、鰹は栄養があって人間の体にとても良い食材なんです。
もちろんワンコの体にも良いとされ、最も大事な栄養素である【タンパク質】が非常に多く含まれているのです。
実に鰹全体の1/4がタンパク質で占められており、含有量は様々な食材の中でもトップクラスなんですよ。

また初鰹は【低脂肪】で【低カロリー】ですので、ワンコにとって【理想的】なご飯の食材と言えるでしょう。
私の愛犬がお世話になっている獣医さんも同じ事を言っていました。
鰹は獣医さん推奨の食材でもあります。

数年前に鰹を湯がいて食べさせようとしたのですが、どうも口に合わなかった様で殆ど残してしまいました。
私の愛犬は赤身の魚より白身の魚の方が好きみたいです。

血圧を下げる効果あり

鰹にはタウリン,カリウム,ナイアシン,イノシン酸,鉄,ビタミンB12,IPA,DHA
なども多く含まれていて、特にタウリンは血液中のコレステロール減らしますので【血圧を下げる】効果があります。
そしてカリウムには体内の塩分を尿と一緒に排泄させる効果があり、IPAとDHAは動脈硬化の予防に効果があると言われています。
そのためシニア犬にも打って付けの食材でもあります。

食べさせるための注意点

ワンコに魚を食べさせる時の注意ポイントとして【ビタミンDの過剰摂取】がありますが、鰹はビタミンDがあまり含まれていません。
そのため、この問題はクリアされます。
しかし鰹料理には玉ネギやネギ,ニンニクなどの副菜をつけるものがあります。

これらの食材はワンコにとって厳禁食材です。
中毒になり死に至る場合もありますので、絶対に与えないよう十分に注意して下さい。

また鰹節も出来れば与えない方が良いでしょう。
鰹節の様なミネラルが豊富な食材は、ワンちゃんによっては尿管結石になる場合がありますので、出来れば与えない方が無難といえます。

以前、愛犬に無塩煮干しを食べさせていた時期があったのですが、尿管結石になってしまいました。
幸い症状が軽くて手術には至らず投薬で完治しました。
それ以来ミネラル豊富な食材は与えていません。

調理はシンプルで

旬の食材は手の込んだ調理法は必要ありません。
それだけでも十分美味しいため、あまり手を加えない方が良いと思います。
茹でる,蒸す,グリルで焼く,電子レンジなどでシンプルに調理しましょう。
旬の鰹の調理法は【シンプルイズベスト】、それが最高の食べ方です!
我が家の愛犬は鰹を食べませんので、白身の魚を軽く湯がいてご飯の中に入れてます。

生食は厳禁

鰹の様な回遊魚にはかなりの確率で寄生虫がいます。
お腹中心に【アニサキス】潜り込んでいます。
アニサキスとは、回虫目アニサキス科アニサキス属の線虫の総称で、海産動物に寄生する寄生虫です。
このアニサキスに寄生された生の鰹を食べると、胃や腸壁に侵入して8時間以内に激しい腹痛を起こします。
吐き気や嘔吐,ジンマシンなどの症状を伴う場合もありますので生食は厳禁です。
アニサキスはワサビでは死にませんが、【加熱】すると死滅しますので十分火を通してから食べさせて下さい。

また、スーパーで売っている生鰹の切り身や柵にも時々アニサキスが寄生している場合があります。
そのため私は、柵を切る前に必ず目視でアニサキスがいない事を確認しています。

アニサキスは鰹に限らず、鰤,鯖,鮭,鰊,鰯,秋刀魚,鱈などに寄生していますので、これは赤身や白身の魚を問わず、回遊魚全般に寄生していると言っても良いでしょう。

まとめ

鰹と言う魚は、私達人間やワンコの健康にとって大変良い食材です。
疲労回復,高血圧予防,認知症予防,動脈硬化予防,肝機能強化,眼精疲労緩和など素晴らしい効能があります。
しっかり火を通してやれば全く問題なくワンコに食べさせられます。

与える量は、小型犬ですと消化の事を考えて2~3切れを細かく切って与えて下さい。
もしご自分の愛犬が鰹を食べるのなら積極的に食べさせる事をお勧めします。
中・大型犬に与える量につきましては獣医師に確認して下さい。

大切なのは、愛犬に食べさせるフードや食材,オヤツに至るまで、食べさせる前には下調べをすると言う事です。
人間が食べても平気なものでも、ワンコにとって有害物質が含まれる場合がありますので、しっかりと調べなければなりません。
素人判断はせず、獣医師に相談して問題なしと判断されてから食べさせる様にして下さい。

大切な愛犬が健康であり少しでも長生き出来る様に努力して、愛犬と共に幸せで悔いのない人生を送りましょう。