ラウンジでの過ごし方はあなた次第

写真拡大

ANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区)は、宿泊パッケージプラン「クラブインターコンチネンタル・エクスペリエンス」を、2016年9月20日から17年1月31日まで販売している。

国内最大級の広さである、35階の宿泊客専用ラウンジ「クラブインターコンチネンタル」(通常利用料1万4000円〜)が無料で利用できるプラン。皇居や六本木ヒルズなど都心の絶景と、遠方には富士山も見渡せる展望の魅力、専属スタッフによるパーソナルなコンシェルジュサービスが体験できる。

ラウンジ内にはレセプション、ミーティングルーム、ライブラリー、ダイニング&バーの4つのエリアがあり、利用目的に応じたくつろぎのひとときが過ごせるという。

洋食、和食の充実したメニューが並ぶ朝食ブッフェ、各種スイーツや軽食が食べられるティータイム、温かい軽食や各種小皿料理とともにアルコールを提供するカクテルタイムが自由に楽しめる。

客室は28階から31階までのプレミアフロアが対象で、日によって料金は変動。1泊1室4万2000円〜(税・サービス料込)。