(C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会

写真拡大

羽海野チカ原作の同名人気コミックを、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が2部作で実写映画化する『3月のライオン』。この映画で主人公の桐山零を演じる神木隆之介の、原作ファン待望のキャラクター写真が解禁となった。

神木隆之介主演『3月のライオン』第3弾キャスト発表!公開日も決定

将棋の世界を舞台にした本作は、17歳のプロ棋士・零が主人公。将棋に関しては、史上5人目の中学生プロ棋士になったほどの実力をもちながら、幼い頃に交通事故で家族を亡くし、父の友人の棋士の家に引き取られるが、そこでも居場所を見つけることができず、今は東京の下町で一人暮らしをしながら、将棋を指し続けている。物語はそんな零が、同じ下町に住む川本三姉妹との出会いや、ライバル棋士たちとの闘いを通して、本物の愛を見つけていく姿を描いていく。

解禁となった場面写真は、優しさ・強さ・不安・孤独・希望などの様々な感情を合わせ持つ零の表情を切り取ったもの。大友監督が「子どもの頃からプロの俳優として活躍してきた神木は、零のキャラクターと重なる部分が多い」と語るように、本作での神木からは、これまで見たことがない“表情”を期待できそうだ。

美しい桜を背景にしたこの写真からは、原作タイトルの由来となるイギリスのことわざ「March comes in like a lion, and goes out like a lamb.(3月は、ライオンのように荒々しい気候で始まり、子羊のように穏やかな気候で終わる)」のように、零の闘いと愛の物語の始まりを予感させるカットになっている。

『3月のライオン』は2017年3月18日より『前編』、4月22日より『後編』が2部作連続で公開となる。