スニーカーのみ。オルセン姉妹のモードが変わった

写真拡大

@olsentwinsが投稿した写真 -

@olsentwinsが投稿した写真 -

@olsentwinsが投稿した写真 -

@lu_auveが投稿した写真 -

ファッションアディクトなら、定期的にチェックしたくなるオルセン姉妹。

『フルハウス』で見せていたキッズらしさはもうありません。むしろ、クールでモードなファッション界の人。

"ゆるいんだけどシック"を醸すセンス

"ゆるいんだけどシック"という絶妙なバランスを醸し出すなら、このふたりはダントツです。

1年以上前のスナップだって、古いとは感じません。白と黒、ベージュ、グレーと使う色を決めるだけで、シックができあがります。

ゆるさの演出は、少し上級者向け。着崩すことや足元に何を合わせるかもポイントです。

2017年の春夏。足元はスニーカーのみ!

そんなふたりが2007年に立ち上げたふたりのブランド「The Row(ザ・ロウ)」。もちろん、ふたりの好きな"ゆるいんだけどシック"なスタイルであふれています。

黒と白でシックなコレクション 2017年の春夏コレクションで使われていた色は、白、黒、ベージュのみ。たった3色でコレクションをやり遂げました。

さらに、注目は足元。どのコーディネートにもすべて(本当にすべて!)、足元はスニーカーでした。

どのスタイルも、シックで洗練されていて、でも肩の力が入っていないスタイル。もちろんスニーカーを合わせていることも大きく影響しているはず。

ヒールが女性らしさの象徴、というのはオルセン姉妹の頭のなかにはなさそうです。

ヴィクトリア・ベッカムが「快適さが必要になったの」と話していたように、洗練されたリラックスなムードはこれからも盛り上がりそう。一方で、アレッサンドロ・ミケーレが率いる「GUCCI(グッチ)」は、2017年の春夏も柄、柄、柄を発表しています。

シンプルでリラックスか、柄でインパクトか。極端に異なるふたつの勢いを感じます。

[The Row]

写真/gettyimages 文/ダーシー