立川ブラインド工業(株)は、「TOUCH−みて・かんじて・さわって−」を展示テーマに出展、新製品紹介ゾーン、ホームユースゾーン、非住宅ゾーンの3エリアでブース展開する。
 新製品紹介ゾーンでは、10月3日(月)発売のRDS(減速降下機能)を搭載したヨコ型ブラインド「パーフェクトシルキー」をはじめ、ロールスクリーン「ラルクシールド」など今年発売の新製品を展示、ホームユースゾーンでは豊富な製品展示の他、リビングやダイニングにおすすめの窓まわりのコーディネート提案を行う。また非住宅ゾーンとして病院や店舗など用途別に求められる機能や意匠、をイメージしやすく紹介する。この他、実際に製品をさわって操作性や機能性を比較できる体感コーナーも設ける。
 ブースナンバーはJT4−02。展示規模は198平米。