極貧地区で育ったチェスの天才少女、世界大会で活躍し人々に希望を与える

写真拡大

極貧の環境に育ちながらも、チェスで人生を切り開いてきたアフリカ人女性をご存じだろうか。

人間の排泄物が捨てられる場所で育つ

その女性とは、ウガンダ共和国に住むPhiona Mutesiさん(20)。

彼女は幼い頃に父親を亡くしたため、残された家族と共にホームレスとなり、ウガンダで最も貧しい地区とされるKatweというスラム街で育ったという。

しかも当時、Mutesiさんが住んでいたのは人間の排泄物が投棄されるような場所で、食べ物を得ることも水さえ手に入れることすら困難だったそうだ。

YouTube/Sports Outreach Institute

YouTube/Sports Outreach Institute

YouTube/Silent Images

YouTube/Silent Images

YouTube/Silent Images

YouTube/Silent Images

しかし2005年、Mutesiさんが9歳の時に転機が訪れる。

3日間ほとんど何も食べられなかったある日、兄からチェス教室に入らないかと勧められたという。

入学後6カ月で次々と相手を撃破

チェスといってもウガンダの貧しい家庭では誰もしないため、Mutesiさんは最初に人々がプレイしているのを見た時には、単にギャンブルを行っているのだと思ったそうだ。

しかしSOM Chess Academyへ入学し、指導者であるRobert Katendeコーチと巡り合ってから、彼女はめきめきと実力を発揮。

入学してわずか6カ月で、約2年間もトレーニングをしてきた先輩を撃破し、次々と相手を負かしていったという。

YouTube/Silent Images

YouTube/Silent Images

YouTube/Sports Outreach Institute

YouTube/Sports Outreach Institute

YouTube/Silent Images

YouTube/Silent Images

ジュニア選手権で優勝する

さらに数年間の訓練を続けた結果、2009年(当時14歳)にスーダンで行われた「ウガンダ女性ジュニア選手権」で見事に優勝。

その夜、信じられない経験をしたそうだ。

彼女はABCの取材に対し「私はその時、初めてシャワーを見ました。水が流れるトイレも初めてでした。またいつも1つのベッドで兄弟と一緒に眠っていたので、ホテルのベッドに寝たことはありませんでした。これまでとは違った人生のようでした」と語っている。

YouTube/Sports Outreach Institute

YouTube/Sports Outreach Institute

YouTube/Silent Images

YouTube/Silent Images

ロシアやトルコに遠征し、称号を獲得

しかもその後も彼女は成長を遂げていく。

コーチの熱心な指導もあり、やがてMutesiさんはアフリカを代表する選手として、ロシア、トルコで行われた国際試合にも遠征。

2012年に行われたチェスの五輪といわれる「チェス・オリンピアード」第40回大会では、16歳にして世界大会の4大称号の1つ「ウーマン・キャンディデイト・マスター」を授与され、多くの賞金も手にすることができたという。

賞金で念願の夢を実現させた

そんなMutesiさんの快挙はウガンダ国内に強烈なインパクトを与え、さらに海外の多くのメディアも注目することに。

YouTube/Sports Outreach Institute

YouTube/Sports Outreach Institute

YouTube/Sports Outreach Institute

YouTube/Sports Outreach Institute

YouTube/Sports Outreach Institute

YouTube/Sports Outreach Institute

そして獲得した賞金によって、彼女はついに夢を実現させた。その夢とは自分の母親に家を建ててあげること。

Mutesiさんは取材に対し「チェスで賞金を得た時、私はコーチに相談しました。私ができる最大のことは母親に家を買ってあげることだったんです。だから私たちは1区画の土地を購入したんです。母はその間中、ずっと興奮していました」と振り返っている。

本も出版され映画化も決定

現在、Mutesiさんは「Katweの女王」と呼ばれ、同様のタイトルの本も出版されて多くの人びと、特に少女や若い女性の希望となっているという。

また今では指導者としても活動し、貧しい境遇に置かれた子供たちにもチェスを教えているそうだ。

そして子供たちにはチェスを通して、犯罪へ走らずに自分の道を切り開く術を身につけて欲しいと願っている。

YouTube/Sports Outreach Institute

YouTube/Sports Outreach Institute

Mutesiさんのストーリーはディズニーにより映画化が決定し、先週プレミア上映会も行われ、彼女も招待された。アメリカでの公開は9月30日とされている。