【秋老け注意報】油断しているとシミができる!肌老化を抑える、秋の紫外線対策法

写真拡大

日差しは穏やかになりますが、油断したくないのが秋の紫外線。行楽シーズンで外出が多いなら、なおさら夏場と同様に紫外線対策が必要です。

秋は一番“肌老け”してみえるといわれますが、夏のダメージが残る秋の肌に、秋の紫外線の影響を受けるために、肌の負担がいっそう老け感につながります。

今回は、揺らぎがちな肌の秋の紫外線対策のポイントについて見ていきましょう。

あなたの肌もダメージだらけ!? 夏を過ごした「お疲れ肌」の簡単レスキュー法

秋の紫外線は意外と多い…

気象庁のデータによると、秋の紫外線は8月と比較すると9月が約7割、10月が約5割。かなりの量が降り注いでいることが分かります。

穏やかな気候になり、旅行や散策に出かけることが多い9月、10月。夏よりも日中に外にいる時間が長くなるので、もしかしたら紫外線を浴びる量は夏場に匹敵する日も少なくないでしょう。

10月まではしっかりと紫外線を防いだほうがよいといえます。

乾燥とくすみが気になる肌の状態

秋の肌は夏の紫外線のダメージで“肌疲れ”が表面化してくる頃。

シミやソバカスが濃くなったり、増えたり、乾燥ジワが出始め、「老けた」と感じることも多いでしょう。

保湿や美白、紫外線対策を取り入れながら、肌のコンディションを整えていけば、このような秋老けも一時的なものにすることができます。

この時期は乾燥とくすみが出やすくなります。

湿度が下がってくるので、夏場のように毛穴が開いたり皮脂が滲んだりはしなくなるものの、湿度が下がり、一気に乾燥が進みます。

化粧のノリが悪くなった、口もとに粉がふいている、いつもの化粧品がしみる、ということも起こってきます。


また気温も下がってくるので、肌の代謝が下がり顔色やターンオーバーに影響が見られます。

ざらつきやくすみ、クマがいつもより気になるかもしれません。

スキンケアでは肌に優しいピーリングや角質のケアで肌のターンオーバーを正常に戻すケアも効果的です。

秋の紫外線対策のポイント

不安定になりがちな秋の肌の紫外線対策は以下の3つのポイントを押さえましょう。

保湿を重視

秋には保湿のために美容液やライトなクリーム一品加えたり、シートマスクなどスペシャルケアを取り入れて、肌の乾燥を防ぎましょう。肌が乾燥していると化粧が落ちやすくなりますが、UVクリームも一緒に落ちやすくなってしまいます。保湿力の高いUVクリームに切り替えるのも○。

保湿力を高めることで肌のバリア機能を維持して、冬に向かって低い気温に耐えられる肌の準備になります。

マイルドなUVケアに

季節の変わり目で体調と同じように肌も不安定になりやすい時です。

乾燥しがちでバリア機能も低下しやすくなっているので、UVアイテムはマイルドな処方のものを選んで、肌への刺激を少なくしましょう。

SPF値については夏場はSPF50も必要でしたが、数値が高くなるほど肌の負担も大きくなるので、秋はSPF20程度のものでも大丈夫。行楽シーズンで長い時間、屋外にいるときは数回、塗り直すようにしましょう。

PA値もしっかりチェック

冬に向かってUV-B波は減っていくのに対して、もう一つの紫外線UV-A波は、夏場をピークに一年中変わりなく降り注ぎます。UV-Aは、長波長紫外線と呼ばれる波長の長い紫外線で、波長が長いため肌の内部に達します。

UV-Bが日焼けやシミやソバカスの原因になるのに対して、UV-Aはシワやたるみの原因になるといわれています。


UV-Aは、窓ガラスを通過する性質を持っているので、日常生活の中でも長く浴び続けることで室内でも日焼けしてしまう可能性があります。秋はこのUV-A対策のために、SPF値と並んでPA値もチェックしましょう。

PA値はPA++++が最高値ですが、秋のレジャーにはPA++ほどあればOKです。

まとめ

夏場よりも減少するとはいえ、まだまだ強い秋の紫外線。紫外線ケアも秋ならではの肌の特徴に合わせて行うと効果的です。

SPF値を落として肌の負担をなるべく軽減し、スキンケアで保湿することで、“秋老け”を防ぎます。ファンデやUVクリームに加えて、夏と同様にサングラスや手の甲の日焼け対策もすると万全です。