中国のセキュリティーラボが、テスラ車を「ハッキング」した瞬間

写真拡大

中国企業のセキュリティー研究チームが、テスラ「Model S」を遠隔で急停車させるなど、同車両の脆弱性を示すデモ動画を公開した。

中国のインターネット企業テンセントの傘下にあるキーン・セキュリティー・ラボの研究チームが、テスラモーターズの電気自動車「Model S」の脆弱性を非公式に公表した。この脆弱性を突けば、Model Sのコントローラエリアネットワーク(CAN)にリモートでアクセスし、駐車中または走行中の車両の機能を乗っ取ることができるという。

「中国のセキュリティーラボが、テスラ車を「ハッキング」した瞬間」の写真・リンク付きの記事はこちら

研究チームは、無改造のModel Sのドアやトランクを遠隔操作で開けたほか、ディスプレイを乗っ取ることにも成功。おそらく最も注目すべきは、走行中のModel Sのブレーキを遠隔操作により作動させたことだろう。

テスラ車両に対するこれまでのハッキングは、クルマに実際に近づく必要があった。だが、キーン・セキュリティー・ラボによる攻撃は、Model Sに組み込まれたウェブブラウザの脆弱性を突いたもので、Wi-Fiホットスポットに車両を接続させれば作動させることができる。

冒頭のデモ動画では、研究チームは、最寄りの充電ステーションを検索する通信をハッキングすることにより、無改造車の車載ブラウザを悪用している。研究チームはその後、Wi-Fi経由でドアロックやシートの調整、ハザードランプ、車載ディスプレイなどの制御装置を遠隔操作した。走行中も、車両のリアハッチを遠隔操作したり、約19km離れた場所にあるコンピューターによって車両を急停車させたりすることに成功している。

テスラはすでに、この問題を修正するファームウェアパッチを配信済みだ。テスラの広報担当者はこの脆弱性に関する声明で、「現実的に考えると顧客に対するリスクはかなり低いものですが、迅速に対応しました」と述べている。

RELATED