23日、韓国のネットユーザーがこのほど、「日本人は互いの呼び方があまりに複雑では?」とインターネット掲示板で問い掛けた。資料写真。

写真拡大

2016年9月23日、韓国のネットユーザーがこのほど、「日本人は互いの呼び方があまりに複雑では?」とインターネット掲示板で問い掛けた。

「もちろんどんな場合も名前に『さん』を付ければいいんだろうけど」という筆者だが、日本のドラマやアニメを見ていると「さん」だけでは片付けられない複雑なものを感じるという。男性には「君」、女性には「ちゃん」を付ければよさそうだが、例外が多過ぎるとし、以下のように分析した。

例えば男の場合、相手が同性でも異性でも「君」や「さん」を付けず名字で呼び捨てのことが多い。しかしかなり親しい間柄の場合、名字ではなく名前を呼び捨てにすることも。恋人同士などはこの例が多いようにみえる。一方女は、男性には「君」付け、女性には「ちゃん」付けだが、親しさの度合いにより「ちゃん」が「さん」に変わることもある。

韓国では友人同士でも恋人同士でも、男女問わず下の名前で呼ぶのが一般的。年上の相手や初対面の人を呼ぶ時には、名前に「兄さん」「姉さん」のほか、「さん」を意味する「氏(シ)」を付けるかすればいい。そのため筆者は、「とにかく日本で暮らすには呼び方で混乱しそうだ」と結んだ。

これに他のユーザーらは次のようなコメントを寄せている。

「ある程度の規則はあるから韓国より楽な点もあるよ。最初に『○○と呼んで』とお互いに決める場合も多いし」
「2カ月も住んでればだいたい慣れてくるし、とりあえず他の人のまねをすれば間違いない」

「別に難しいことはない。基本的に最初は名字に『さん』付け、仲良くなったら『君』『ちゃん』にして、もっと親しくなったら名字の代わりに下の名前で呼べばいい」
「男は親しくなっても『君』や『ちゃん』や付けないみたいだけど…」

「呼び方に関しては韓国も相当なものがあるよ」
「韓国はむしろ2人称代名詞や『氏』をやたらとは使えないし、『兄さん』『姉さん』は親しい間柄じゃないとしっくり来ない。呼び方のトラブルは多いよ」

「堅苦しい感じがすることもあるけど、僕は日本の呼び方の方がいいと思う」
「最初からどう呼んでほしいか言ってくる人も多いし、もし言われなければ名字に『さん』付けでいい。韓国よりは楽なことが多いよ」(翻訳・編集/吉金)