iPS細胞で治療開発を進める京都大と慶応大 6疾患の薬の候補物質を発見

ざっくり言うと

  • iPS細胞で治療開発を進める京都大と慶応大が、6疾患の薬の候補物質を発見
  • 研究を支援する国立研究開発法人「日本医療研究開発機構」の調べで分かった
  • 両大学は今後、臨床試験(治験)などを実施し実用化を目指す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング