写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ビッグサイトにて開催中の「第56回 全日本模型ホビーショー」(会期:9月23〜25日)で、バンダイが展開するアクションフィギュア「S.H.Figuarts」から「S.H.Figuarts(真骨彫製法) 仮面ライダーダークカブト」が公開された。2016年10月28日発売予定で、価格は5,500円(税込)。

仮面ライダーダークカブトは、特撮ドラマ『仮面ライダーカブト』にて天道総司/仮面ライダーカブトに擬態したワームが変身したカブトのプロトタイプ。今年は『仮面ライダーカブト』の放送10周年であることから、「仮面ライダー」45周年を記念して渋谷パルコで開催された「KAMEN RIDER 45th EXHIBITION SHOP」では変身ベルト「CSMダークカブトゼクター」が販売され、大きな話題を呼んだ。

「S.H.Figuarts(真骨彫製法) 仮面ライダーダークカブト」では、ダークカブトの特徴的なボディの基板状の模様も再現されているほか、コンパウンドアイはクリアイエローで表現。さらに、変身ベルトも「ダークカブトゼクター」仕様となっている。本商品は10月28日から開催される展示イベント「TAMASHII NATION 2016」の開催記念として企画されたもので、販売形式などは後日発表となるようだ。

「S.H.Figuarts」の上位ブランド「真骨彫製法」は、スクリーンの中で活躍するヒーローたちの力強いアクション、その魂の躍動を約14cmの中で再現する「S.H.Figuarts」シリーズの新たな造形技術。表面的でなく、人間の骨格を意識した造形を行っており、ヒーロー本来の"存在感"とフィギュアとしての"自然な可動"の両立を追求した新製法で、人気ライダーたちを立体化している。

(C)石森プロ・東映