外国人旅行者のインバウンド消費が変わった! ラオックスや三越伊勢丹HDに代わる セリアなど新しいインバウンド銘柄を5つ紹介!

写真拡大

ここ数年間、日本株の人気テーマとなったのが訪日外国人による爆買いを表す「インバウンド消費」だ。しかし、ここに来てその代表銘柄とも言える企業の業績が大減益となった。しかし、インバウンドが終わったわけではない。その真相と新しいインバウンド銘柄を紹介しよう。

ラオックスや三越伊勢丹の業績にダマされるな!
外国人客数とインバウンド消費は過去最高を継続中

 インバウンド関連株として、注目を集めていたラオックス(8202)や三越伊勢丹ホールディングス(3099)などが大幅な減収減益になった。インバウンド関連株の好調は終わったとの見方もあるが、実際は訪日外国人数と、その消費額は過去最高が続いているのだ。これは、インバウンド消費の対象が変わってきた結果だと、東洋証券の宝田めぐみさんは指摘する。

「訪日人数が最も多い中国人はこれまで、炊飯器や宝飾品などの高額商品を購入していました。しかし、昨年後半からは高級品の売上げは減少、一方で化粧品や医薬品などのお手ごろ価格の日用品は引き続き好調。なお、同様の傾向が香港でも見られていました」

 そうなると百貨店の業績は今後も厳しいと予想されるが、ドラッグストアやディスカウントストアなどは好調が続きそうだ。しかも、帰国後に日用品をネット通販で購入する外国人も増えている。

新タイプのインバウンド注目株
PERPBR詳細情報
 セリア(2782)/【最低購入価額】70万円
30.1倍6.58倍
セリア(2782)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】訪日客に100円ショップが人気。浅草店などは、訪日客を意識した店舗作りに。
 ドンキホーテホールディングス(7532)/【最低購入価額】35万円
20.9倍2.42倍
ドンキホーテホールディングス(7532)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】インバウンドによる売上高は順調に増加。訪日客専用のウエルカムデスクを設置している。
 Hamee(3134)/【最低購入価額】19万円
44.6倍7.58倍
Hamee(3134)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】ECバックヤード効率化システムと、多言語変換機能を備えた出品プラットフォームを展開。
 アウンコンサルティング(2459)/【最低購入価額】31万円
93.3倍3.36倍
アウンコンサルティング(2459)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】日本の伝統工芸品を海外へ向け販売する多言語ECサイト「WabiJapan」を展開。
 BEENOS(3328)/【最低購入価額】19万円
35.9倍4.28倍
BEENOS(3328)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】越境ECをサポートする「海外転送」「代理購入」を展開。インバウンド需要などで成長中。
* 株価は9月5日。

「電子決済システムや流通関連は、新しいインバウンド株と言えます」(フィスコ・小林大純さん)

 形を変えて伸びていく「新タイプインバウンド」には今後も注目だ。