中国人による海外不動産投資が注目を集める中、人気の投資先がこれまでのカナダ・バンクーバーから米シアトルにシフトしていることが明らかになった。写真はシアトル。

写真拡大

中国人による海外不動産投資が注目を集める中、人気の投資先がこれまでのカナダ・バンクーバーから米シアトルにシフトしていることが明らかになった。

参考消息網が米メディアの報道として21日付で伝えたもので、バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州が外国人の不動産購入に新たに15%の物件譲渡税を課したことが影響したとみられている。カナダ当局は先月、「新税制の市場への影響を結論付けるのは時期尚早」としながらも、バンクーバーの戸建住宅の販売量が縮小していることを明らかにした。

この一方で、バンクーバーと距離的に近いシアトル(米ワシントン州)では市場が活況を呈し、6月の不動産価格上昇率は11%と国内20都市の平均(5%)を大幅に上回った。また、ある不動産情報サイトでは、外国人から寄せられた問い合わせ件数(8月)のうちシアトル関連が急増する反面、バンクーバーは前年同月より81%減少。現地の業界関係者の1人は「中国の投資家は全額を現金で支払う傾向にあり、売り手から歓迎されている」とコメントするが、バンクーバーのような価格高騰を心配する声も上がる。

ある不動産情報サイトによると、中国人の海外不動産投資額が最も多いのはトロント(カナダ)で、シアトルはメルボルン(オーストラリア)、シドニー(同)、ロンドン(英国)に次ぐ規模となっている。(提供/Bridge・編集/Asada)